冒険 徳島県

祖谷のかずら橋

投稿日:2018年9月6日

奥祖谷観光周遊モノレール二重かずら橋を満喫し帰路についたのですが、帰り道に「かずら橋⇒」みたいな案内板を多数見かけました。

帰る方向にかずら橋があるような表示なので迷ったのかと思い調べてみると、かずら橋って二箇所あるんですね。

祖谷のかずら橋奥祖谷二重かずら橋

さっき訪れた奥祖谷二重かずら橋を、かの有名な「祖谷のかずら橋」だと思って観たんですが違いました。

どっちかというと二重かずら橋のほうがマイナーなようです。(どうりで平日とはいえ観光客が少なかった)

せっかくだからメジャーな方のかずら橋も観て帰ることにします。

現地に近づいてくると急に交通量が増えてきました。

民宿や飲食店もたくさんあります。

沿道には何ヶ所か有料駐車場があるのですがほぼ満車。

さすがメジャーかずら橋

結局少し離れた場所のかずら夢舞台という土産物屋の大型駐車場に停めて歩いて行きました。


その昔、この地域には7~13本のかずら橋があったらしいが、現存するのはココと二重かずら橋の3本のみ。

空海が架けたとか平家の落人が架けたとか諸説あり。

シラクチカズラという植物のツタで作られています(現在は安全のためワイヤーを使用したつり橋にカズラを巻きつけてそれっぽくしてある)


人が多い以外は奥祖谷二重かずら橋とほぼ同じ。


橋を渡った先に滝があります。琵琶の滝というそうです。


そしてここでも川辺に降りることが出来ます。


二重かずら橋の川辺より浅くて流れも穏やかです。


気持ちよくて小一時間水遊びしました。

二重かずら橋のほうが人が少ないし、野猿というオマケもあるので楽しいですが、水辺で遊びやすいのはこっちですね。(二重かずら橋に比べれば)アクセスもしやすいです。

ところで・・・

記事の最初で「土産物屋の大型駐車場に車を停めた」とサラッと書きましたが、

その駐車場が・・・


コレ。

清水寺かよ。

よく建てたよ、こんな山奥に。

総事業費43億円だってさ。

かずら橋の見学料が550円なので、ざっと780万人来たら元が取れるな。

場所: 徳島県三好市西祖谷山村善徳162−2

-冒険, 徳島県

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

明延鉱山

明延鉱山に行きました。 日曜坑道見学はあけのべ憩いの家で受付。 ここで入場料を支払いスタッフに先導してもらい車で鉱山の入口近くの駐車場まで移動します。 ちなみに入場料は高校生以上1,200円、小中学生 …

鬼の城 総社市の鬼ノ城に登ってみた

桃太郎の元となった吉備津彦伝説の地、鬼ノ城に行ってみました。 鬼城山ビジターセンターまでは車で上がることができます。(駐車場有) そこからは徒歩で鬼の城を目指して登っていくことになりますが、 整備され …

満奇洞

昨年夏は井倉洞へ行ったので、今年は新見市にあるもうひとつの鍾乳洞、満奇洞に行きました。 北房ICから約20分ほどで到着(途中はけっこう山道) 連休中ということもあり駐車場は満車に近い状態でした。 鍾乳 …

マイントピア別子 東平地区

東洋のマチュピチュとい言われる東平(とうなる)地区へはガイド付きの観光バスで行けます。 一応マイカーでも行けるのですが、すれ違いが困難な山道ですのでそれなりに覚悟が必要です。 僕はバスにしておいて正解 …

鳥取砂丘 東側

さて観光リフトという寄り道をしましたが、最後に砂丘の東側エリアに行ってみることにしました。 こっちは観光客がたくさんいます。 オアシスのような水たまりが見えたので、そこを目指して歩きます。 近づいてみ …