冒険 鳥取県

鳥取砂丘 西側

投稿日:2018年10月28日

真夏に突然
「砂漠に行きたい」
と言い出した長男に
「暑くて死んじゃうから秋になったらね」
と適当な返事をしていたら
10月になって
「そろそろ砂漠いけるんじゃない?」
と言って来た。

6歳ぐらいになると約束をよく覚えているのであまり適当なことは言えなくなってきました。

先月全日本マスターズ陸上で訪れていますが、やはり遠かったです鳥取。

しかし来た甲斐がありました。


広大な砂丘に雲の影が流れています。絶景です。


「トゲトゲのトカゲを探す」と意気込んでいた長男、ひたすら砂地を駆け回るマシーンと化します。


「砂のお城作る」と意気込んでいた次男、ひたすら砂地を駆け回るマシーンと化します。

自分が乗る予定だったソリを引く次男。
三男が生まれて絶賛赤ちゃん返り中の次男を抱っこして砂丘を歩き回るのはしんどいと思い、次男輸送用に借りてきたんですが、
砂が気持ちよかったのかほぼ自分で歩いていました。

3人の靴を乗せて運びましたが、結論を言うと靴要らなかったですね。ずっと裸足でOK


誰かが登った足跡がなければ登ろうと思わないような坂。


急斜面ですが砂が柔らかく踏めば凹むので階段を登るような感じで登れました。


なぜか砂丘登りに適性を見せた次男。体重が軽いから?兄より早く登って行きました。
一番体重の重い僕は苦戦しました。


砂の急斜面を気に入った次男は上り下りを繰り返していました。

ソリで滑れるかなと思ったんですが、砂が柔らかく少しの重さで埋まってしまうので意外と滑りませんでした。
(ソリ単独ですべらせたらキレイに滑っていったんですが・・・)


さて、丘を上りきると日本海が見えました。


丘を降りて日本海を目指します。


日本海の荒波でズボンの裾をびしょびしょにしました。


ところどころに立っている木杭は測量の基準点でしょうか。


いつもは子供の写真を撮るだけで満足しているのですが、今回は自分も一緒に写真を撮りたい!
ということでiphoneを砂に立ててタイマーで。
しかし次男がカメラの方を向いてくれない。
しかもなんでこんな微妙な背景で撮っちゃったんだろ。


自撮りしようにも2人とも砂地を駆け回るマシーンと化しているのでフレームに入れるので精一杯。
2人同時に動きを止める瞬間がほとんど無い。


ただ歩き回っただけなのですが、僕も息子2人もとても楽しめました。
砂丘の西側は観光客がほとんどいないので別の国に来たような絶景を味わえます。

↓マップの印のところに駐車場があり、すぐ砂丘に行けます。

-冒険, 鳥取県

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大久野島(うさぎ島)

大久野島(通称:うさぎ島)に行ってきました。 忠海港から船で行きます。 三連休中日の日曜とあってたくさんの観光客。 港の駐車場は満車、桟橋に収まりきらないフェリー待ちの列。 列の後ろの方の人達は乗れず …

王子ヶ岳 ニコニコ岩

「山に行きたい」 という長男のざっくりとした要望により来ました。 駐車場に車を停めて、あとはただ山道を歩きます。 途中眺めの良いポイントがあります。 ニコニコ岩が近づいてきました。 到着。 やさしいブ …

おかやまファーマーズマーケットノースヴィレッジ

勝央町のノースヴィレッジに行きました。 お目当ては森の中のアスレチック。 大口を開けて子どもを飲み込みそうなトトロがお出迎え。 よく見たら口じゃなくて胸の模様でした。 森の中に大きなアスレチックが組ま …

奥祖谷二重かずら橋

奥祖谷観光周遊モノレールを楽しんだ後、近くに「奥祖谷二重かずら橋」がというのがあったので徳島の秘境をさらに進みました。 有名な祖谷のかずら橋を観ておかねば。 到着。 その名のとおり、男橋と女橋の二本の …

鳥取砂丘 東側

さて観光リフトという寄り道をしましたが、最後に砂丘の東側エリアに行ってみることにしました。 こっちは観光客がたくさんいます。 オアシスのような水たまりが見えたので、そこを目指して歩きます。 近づいてみ …