陸上競技

陸上競技のフライングのルールについて

投稿日:2017年5月20日

先日、桐生選手が海外のグランプリレースでフライングを犯し失格するということがありました。9秒台が期待されていただけにがっかりした方も多いと思います。もちろん桐生選手本人もがっかりした事でしょう。反応時間は0.088秒で動いたのは号砲より後でしたが、ルール上は反応時間が0.1秒を切ってしまうとフライングとなります。見た目には良いスタートを切ったように見えましたがフライングとなってしまいました。

 

現在はフライング1回で失格というルールですが、2002年までは1選手当たり1回までフライングが許されていました。

2003年より2回目以降のスタートでフライングした全ての選手が失格となるようルールが厳格化され、2010年より1回目のフライングで即失格となる現行のルールとなりました。

最初のルールでは全員に1回のフライングが許されていたため、駆け引きの為にわざとフライングしたり、記録を狙うために1回目は先読みでスタートしたり(フライングにならなければ儲けモノ)する選手がおり、競技が遅延することがありました。

2003年以降のルールで2回目以降のフライングは誰でも(1回目のフライングとは違う選手であっても)失格となりました。
しかしこのルールではスタートが苦手な選手がわざとフライングして他の選手(特にスタートを得意とする選手)にプレッシャーを掛けることができてしまいます。私はあまりフェアではないと感じていました。
私はスタートが苦手だったので「わざとフライングしてやれよ」という悪魔のささやきがよく聞こえてきたものです(笑)誓ってそのような行為はしていませんが。

2010年からは全員が1発失格のルールになりフェアなルールになりました。しかし走らずしてトラックを去る選手が増えたのも確かです。

 

現行のルールに対する僕の考えとしては「号砲の後ならどんなに反応が速くてもOK」にしてほしいです。
人間の反応速度の限界は0.1秒ということでそれ以下の反応速度を示すとフライングになってしまいますが、極限まで集中力が高まると0.1秒を切ることもあるんじゃないかと思います。実際にスタートが得意な山縣選手は反応速度0.107秒を記録したことがあります!

先読みスタートについてですがフライング1回で失格なのですから、リスクを承知で先読みスタートを切るなら良いんじゃないかと思います。(実際には不可能に近いと思いますが)現行のルールは平等ではあると思うので、その中で少しでも選手が走りやすく記録が出やすいルールになったら良いなと思っています。

次回は歴史に残るフライングについて紹介していきたいと思います。

 

 

 

-陸上競技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

短距離走の定番練習を考える ウェーブ走

ウェーブ走という練習があります。 その名の通りスピード曲線に波を作るというものです。 加速して減速して再加速して・・・みたいな感じです。 途中で休めるので中学・高校の頃の部活では「楽なメニュー」でした …

日本人初の9秒台は誰か?

日本人初の100m9秒台は誰か? 1998年に伊東浩司選手が10秒00をマークし、日本人初の9秒台が期待されてから早20年。出そうでなかなか出ない9秒台ですが昨年あたりから10秒0~1台の記録が連発さ …

練習日誌2021.4.1〜4.15

4/2 筋肉体操(腕立て伏せ) 武田真治と同じペースで出来た ベンチプレス70kg×2       75kg×2       80kg×1       82.5kg×1       85kg×1 ワイ …

メタスプリント

アシックスからピンレススパイクが発売されます。 その名もメタスプリント 昨年から桐生選手が使用していたのでジェット●●的な名前かと思ったんですが。 見た目にはソニックスプリントエリート2とほぼ同じです …

朝7時から渋川で砂浜ダッシュした

トリゴエくんの誘いで砂浜ダッシュをやりました。 朝の7:00から。 子守の予定があったので時間を合わせてもらいました。 朝7:00の渋川海水浴場。 やる気みなぎる2人。 果たして早朝から身体は動くのか …