陸上競技

日本人初の9秒台は誰か?

投稿日:2017年6月1日

日本人初の100m9秒台は誰か?

1998年に伊東浩司選手が10秒00をマークし、日本人初の9秒台が期待されてから早20年。出そうでなかなか出ない9秒台ですが昨年あたりから10秒0~1台の記録が連発され、いよいよ現実味を帯びてきました。今回は今年100m9秒台を達成する可能性が高い選手を挙げてみます。

 

山縣亮太選手(自己ベスト10秒03)

抜群のスタートダッシュが武器の先行逃げ切りタイプです。かと言って後半が弱いわけではありません。無駄を極限まで削ぎ落とした端正なフォームで最後までスピードを維持します。無駄の無い効率的なフォームで走れているため100mの選手でありながらマイルリレーで400mを走っても好走しました。オリンピックのような大舞台でも常に自己ベスト近いパフォーマンスが発揮できる勝負強さも魅力です。昨年から今年の春先にかけて10秒0台を連発しており個人的には日本人選手の中で最も9秒台に近いのではないかと思います。欠点を挙げるとすれば怪我が多いということでしょうか。腰痛などで長期離脱していた時期もあります。あとは欠点ではなく長所なのですがスタートの反応速度が良すぎて、そのうち0.1秒をきってしまう(0.1以下は号砲の後であってもフライング)のではないかという心配もあります(笑)

 

桐生祥秀選手(自己ベスト10秒01)

言わずと知れた現役日本最速の選手。高校生で10秒01をマークした怪物です。武器は最高速度の高さです。トップスピードだけなら9秒台の選手と互角のレベルに達しています。スタートも年々改善されているように感じます。欠点を挙げるとすれば、大舞台のレースや競り合いの局面で硬くなってしまう傾向があるということです。硬くなった時は目で見てわかるほど力が上に逃げてしまうような走りになってしまいます。逆にぶっちぎりの展開になると手がつけられない強さを発揮します。昨年は学生の試合で流して10秒01をマークしました。プレッシャーのかからないような規模の小さい試合(の準決勝あたり)であっさり9秒台を出してしまうのではないかと思います。そして1度出してしまえば記録のプレッシャーから開放されて1段階上の強さを手に入れるんじゃないかと期待しています。現在の能力で言えば日本人トップだと思います。

 

ケンブリッジ飛鳥選手(自己ベスト10秒10)

ジャマイカ人とのハーフで後半の伸びが武器の選手です。昨年の日本選手権では先行する山縣選手と桐生選手をゴール手前でかわし優勝を飾りました。学生時代は線が細く怪我が多い印象でしたが、肉体改造でパワーアップし飛躍しました。オリンピックでは個人で予選突破、リレーではアンカーで世界のトップレベルの選手を振り切り2位を守りきったことから勝負強さもある選手です。

 

サニブラウン・アブデル・ハキーム選手(自己ベスト10秒19)

陸上選手の母とガーナ人の父を持ち、2015年の世界ユースではウサイン・ボルトの持っていた大会記録を破って優勝しました。同年の世界陸上にも200mに出場し、準決勝まで進出しました。この時若干16歳、驚きです。荒削りなフォームで効率が良い走りには見えませんが200mの後半までスピードを維持する力があり、ポテンシャルの高さを感じます。オリンピックイヤーは残念ながら怪我で活躍できませんでしたが、フロリダ大学に入学して早々自己ベストを更新するなど好調です。記録だけ見ると9秒台は少し遠いように感じますが、年齢的にも技術的にも大きな伸び代を残しての記録なので、底知れぬ潜在能力に期待せずにはいられません。

 

以上4選手を挙げてみました。毎年期待が高まる9秒台、今年こそ達成されてほしいですね。そして東京五輪ではリレーメンバー全員9秒台で金メダルを獲得してほしいです。

-陸上競技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

冬季練習の定番メニューについて考える2

砂浜ダッシュについて 前回に引き続き、今回は冬季練習の定番メニューである砂浜ダッシュについて書いていきます。 まずはメリットから。 砂地はトラックのように接地した時に反発をもらうことが出来ない為、自力 …

アキレス腱痛1

アキレス腱痛 スプリンターにとってアキレス腱の痛みは非常に厄介です。私の周りでも20代後半からアキレス腱に痛みを抱える選手が急速に増えてくるような印象があります。同世代(30代)で陸上続けている仲間は …

短距離走の定番練習を考える ウェーブ走

ウェーブ走という練習があります。 その名の通りスピード曲線に波を作るというものです。 加速して減速して再加速して・・・みたいな感じです。 途中で休めるので中学・高校の頃の部活では「楽なメニュー」でした …

ついに壁が破られました

ついに日本人が10秒の壁を突破しました。9月9日、福井県で行われた日本インカレの100m決勝で桐生選手が9秒98(+1.8)をマークしました。すばらしいことです。感動しました。YOUTUBE等にアップ …

2018年 走り納め

川嶋ノ宮八幡神社の階段で走り納めをしました。 150段を3本 階段自体は久しぶりでしたが、なかなか良い感じでした。 デッドリフトの効果が出たのか今までにないくらい力強さがありましたね。 パワーアップし …