陸上競技

バンニーキルクがすごすぎる

投稿日:2017年7月1日

昨年のリオ五輪、男子400mで不滅といわれたマイケル・ジョンソン世界記録を更新した南アフリカのバンニーキルク。今年もその勢いが止まりません。世界選手権の400mでは人類が43秒の壁を破る瞬間を目撃することができるかもしれません。かなり可能性が高いと思っています。リオ五輪では準決勝で脚に痛みが出て決勝ではハムストリングと腰にテーピングをしていたので万全の状態ではなかったと思われます。それでも42秒台まであとたった0秒04ですからね。

 


リオ五輪で世界新記録をマークしたバンニーキルク選手

 

バンニーキルク選手のすごさはその万能性にあります。100m~400mまでの彼の自己ベストを以下に示します。

100m 9秒94 (+0.9)  2017年6月20日

200m 19秒84 (+1.2)  2017年6月10日

300m 30秒81     2017年6月28日 世界最高記録

400m 43秒03         2016年8月15日 世界記録

 

短距離種目(100m・200m・400m)において9秒台・19秒台・43秒台をそろえた選手はバンニーキルク選手以外にはいません。あのマイケル・ジョンソン氏でさえ100mの9秒台は持っていません。100mでも世界大会で決勝に残れるスピードをロングスプリントに活かせている選手といえるでしょう。183cm、70kgと細身の選手ですが大きなストライドで走ります。腕振りの力がしっかり地面に伝わっている印象です。

 

100m・200mともに今年自己ベストを更新。持ち味のスピードにさらに磨きが掛かっています。200mは最後流していたので19秒中盤の力はあると思われます。(200mは今季世界最高記録)非公認種目の300mでもマイケル・ジョンソン氏の記録を破り世界最高記録をマークしました。

本職の400mは7月のダイヤモンドリーグでは最後流しながらも43秒6をマークしました。後半流したことに加え、ホームストレートに入った時点ではボツワナのアイザック・マクワラ選手に先行されていました。6月に行われた300mのレースではホームストレートに入った時点で同選手を置き去りにしていたことから前半もかなり余裕があったことが伺えます。それでも昨年の五輪決勝、一昨年の世界選手権決勝に次ぐ自己3番目の記録を出してしまうところから好調さが伺えます。世界選手権までにもう1レース出場するようですがインタビューで「次はグレートな記録が出せるかもしれない」と言っていたので、もしかすると世界選手権前に大記録が出るかもしれませんね。

 

バンニーキルク選手はシャイ?

あのボルト選手が後継者として認めるバンニーキルク選手ですが、あまり笑わない印象です。ガッツポーズなどのパフォーマンスもほとんどなく写真の笑顔も引きつった感じでシャイなのかな?という印象。世界記録を出したときでさえ笑顔を見せませんでした(疲労困憊だったのか)マイケル・ジョンソン氏、ジェレミー・ウォリナー選手などロングスプリントのトップにはクールな選手が多いですね。(ジョンソン氏は自身が世界記録達成の時には興奮した様子でしたが)

 

シャイで謙虚なバンニーキルク選手ですが、レース中も身に付けている時計はリシャール・ミル。お値段は・・・7000~8000万円!すごすぎます。

-陸上競技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2019シーズンに向けた冬季練習のテーマ

9月末の全日本マスターズで2018年のシーズンを終了し、10月には行ってからは色々と試したり確認したりしています。 2019年の目標として400mで49秒台。 2018年のシーズンベストが51秒32な …

レース以外の感覚に慣れすぎないように その2

前回は坂ダッシュなどトラック以外の環境に慣れすぎない方がいいという話でしたが今回はシューズについて書きます。 スパイクとランニングシューズではソールの角度、硬さ、グリップ力が違います。 僕は冬季練習を …

超人バンニーキルク、まず1冠

マイケル・ジョンソン氏以来の200m・400m2冠に挑むバンニーキルク選手がまずは400mに登場。まったく危なげなく予選、準決勝を組一着で勝ち上がります。同様にライバルのアイザック・マクワラも順当に勝 …

no image

うちの子は足が遅い。本当に?

運動会のシーズンですね。 この時期になると「どうやったら速く走れるの?」とよく訊かれます。 「よく分かりません」というのが本音です(笑) それを知りたくてこんな歳まで陸上を続けちゃってるわけですから。 …

ついに壁が破られました

ついに日本人が10秒の壁を突破しました。9月9日、福井県で行われた日本インカレの100m決勝で桐生選手が9秒98(+1.8)をマークしました。すばらしいことです。感動しました。YOUTUBE等にアップ …