陸上競技

ボルト伝説の最終章は?

投稿日:2017年7月30日

世界陸上が始まりますね。注目はやはり男子100mですね。人類最速の男、ウサイン・ボルトのラストランです。どのような結末が待っているのか。ボルトのシーズンベストは9秒95と不調ですが、ここ数年はいつもシーズン前半が不調ながら世界大会の決勝では必ずシーズンベストをマークしライバルの挑戦を退けてきました。ボルトの強さとは記録が世界最速であること以上に、ピーキングの上手さと勝負強さです。「速い」上に「強い」選手なのです。

ボルトのライバルとしては米国のガトリンとコールマンになるかと思います。コールマンは今年9秒82をマークした若手のスプリンター。今季世界最高タイムをマークしていますが世界大会の経験は少ないです。ガトリンは言わずと知れたボルトの宿敵です。前回大会の100mはゴール寸前までリードしましたがボルトに逆転を許し0.01秒差で2位に終わりました。ボルトを倒すラストチャンスということで燃えているはずです。コールマンに勝ち、全米陸上を制して調子は上々です。ただ35歳という年齢がラウンドを勝ち上がっていく場合にどう影響してくるか。そして希望を込めて日本のサニブラウン・アブデル・ハキームも挙げたいと思います。まだ早いと思われて当然です。持ちタイムは10秒05ですが、スタートに伸び代があり、世界陸上では9秒台突入の可能性が十分にあります。大舞台に動じないメンタルの強さもありますので期待しています。

 

正直ボルトが100mで勝って花道を飾るという可能性は低いと思っています。しかし2012年のロンドン五輪のころから「今回は厳しい」と言われながら最後には勝ってきた男です。今回も何とかするのではないかと期待せずにはいれません。確実に言える事は勝っても負けてもドラマチックなラストシーンになるということです。

-陸上競技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2019シーズンに向けた冬季練習のテーマ

9月末の全日本マスターズで2018年のシーズンを終了し、10月には行ってからは色々と試したり確認したりしています。 2019年の目標として400mで49秒台。 2018年のシーズンベストが51秒32な …

高校球児の50m走速過ぎる問題 2

前回は電気計測と手動計測でどのくらいタイム差がでるのかという事について書きました。 手動計測を電気計測に換算するにはタイムの100分の1は切り上げて0.24秒プラスする必要があるという話でした。 では …

山縣選手復活の10”00

足首を傷めて日本選手権は惨敗だった山縣選手が全日本実業団の100m決勝で10秒00(+0.2)をマークして優勝しました。 先日桐生選手が9秒98をマークした際は追風1.8mでしたので単純比較はできない …

練習日誌2020.11.2~11.15

11/3 チェストプレス61×10×3 ラットプルダウン40×10×3 ロー40×10×3 バックエクステンション20×3 11/4 レッグレイズ20×3 トーソーローテーション72.5×10×3 ヒ …

練習日誌2020.2.25〜3.8

2/25 腿上げ10kg×10回×3 2/27 ランジウォーク50歩 3/1 坂 200×3 R=10′ (26”3、25”4、28”5)※3本目痙攣 3/2 治療 3/5 山道 階段と坂 …

2021/07/28

練習日誌2020.6.16~6.30

2021/07/28

練習日誌2020.6.1~6.15

2021/06/14

夫婦岩

2021/06/08

豊島

2021/06/06

河原城