陸上競技

ボルト伝説の最終章は?

投稿日:2017年7月30日

世界陸上が始まりますね。注目はやはり男子100mですね。人類最速の男、ウサイン・ボルトのラストランです。どのような結末が待っているのか。ボルトのシーズンベストは9秒95と不調ですが、ここ数年はいつもシーズン前半が不調ながら世界大会の決勝では必ずシーズンベストをマークしライバルの挑戦を退けてきました。ボルトの強さとは記録が世界最速であること以上に、ピーキングの上手さと勝負強さです。「速い」上に「強い」選手なのです。

ボルトのライバルとしては米国のガトリンとコールマンになるかと思います。コールマンは今年9秒82をマークした若手のスプリンター。今季世界最高タイムをマークしていますが世界大会の経験は少ないです。ガトリンは言わずと知れたボルトの宿敵です。前回大会の100mはゴール寸前までリードしましたがボルトに逆転を許し0.01秒差で2位に終わりました。ボルトを倒すラストチャンスということで燃えているはずです。コールマンに勝ち、全米陸上を制して調子は上々です。ただ35歳という年齢がラウンドを勝ち上がっていく場合にどう影響してくるか。そして希望を込めて日本のサニブラウン・アブデル・ハキームも挙げたいと思います。まだ早いと思われて当然です。持ちタイムは10秒05ですが、スタートに伸び代があり、世界陸上では9秒台突入の可能性が十分にあります。大舞台に動じないメンタルの強さもありますので期待しています。

 

正直ボルトが100mで勝って花道を飾るという可能性は低いと思っています。しかし2012年のロンドン五輪のころから「今回は厳しい」と言われながら最後には勝ってきた男です。今回も何とかするのではないかと期待せずにはいれません。確実に言える事は勝っても負けてもドラマチックなラストシーンになるということです。

-陸上競技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

練習日誌2018.11/3~11/11

11/3 坂200m×2(26”1 24”9) 11/5 デッドリフト70㎏10回×3 105㎏×1 ベンチプレス 45㎏10回×3 バック懸垂 5回×3 300m(40”3) 11/6 坂200m× …

練習日誌2019.5.21〜5.26

砂浜ダッシュから3日間は筋肉痛が酷くて練習出来ず。 特に内転筋と広背筋がヤバかった。 普通に考えれば硬いサーフェスをスパイクで走った方がダメージは大きいはず、 アキレス腱に不安を覚えてから全力発揮が出 …

アジア大会 陸上200mで小池祐貴選手が金メダル!

小池祐貴選手がアジア大会の200mで金メダルを獲得しました。    中学時代は野球部で本格的に陸上を始めたのは高校から。 にもかかわらず100mで10秒38、200mで20秒89と両種目で …

2018年 走り納め

川嶋ノ宮八幡神社の階段で走り納めをしました。 150段を3本 階段自体は久しぶりでしたが、なかなか良い感じでした。 デッドリフトの効果が出たのか今までにないくらい力強さがありましたね。 パワーアップし …

NIKE エアズームアルファフライネクスト%

世界陸連による新たなシューズの規制が発表されてわずか一週間。 NIKEが新ルールの基準を満たす厚底シューズを発表しました。 非公式ながら人類初のマラソン2時間切りを達成した際に使用された「アルファフラ …