陸上競技

かけっこ実践編~1等賞を狙うテクニック~

投稿日:2017年9月27日

前回は子どもがかけっこで全力を出せるようになる練習を紹介しました。今回は実際に運動会のかけっこで一等賞を狙うテクニックを紹介します。

一等賞を狙うテクニックなどと自分でハードルを上げてしまいましたが、ポイントは「スタートダッシュ」の一点に絞ります。

運動会はスタートで決まる

運動会のかけっこは短いです。

距離にしてせいぜい50mぐらいでしょう。

しかも直線とは限りません。

小さなトラックを回るパターンも多いです。

つまりスタートで出遅れるとゴールまでに挽回するのはとても難しいのです。

逆に言えばスタートダッシュが決まれば能力で勝る相手に先着することもできるということです。

スタートの構え

スタートで重要なのが構えです。

運動会の「よーい」の時によく見かけるのが半身で同側の手足が前に出た構えです。

野球で盗塁のタイミングを伺う時の様な構えですね。

野球であればピッチャーの動きを見ながらかつ、牽制球がきたら素早く塁に戻らなければならないので左右どちらにも素早く動ける構えが必要です。

しかしかけっこは違います。

とにかくゴールに向かって突っ走れば良いのですから身体は前を向いていないといけません。

半身で構えると、身体を大きく捻ってスタートを切ることになります。

これは大きなロスです。

スタートの構えで重要なのは身体と足が進行方向に向いているということ。

つま先の向きをチェックしてあげて下さい。

スタートの構えは前傾することが重要です。

壁押しと同じで突っ立った状態から強い力は出せません。

ではどのくらい前傾するか?

まずは子どもに立ち幅跳びをやらせてみましょう。

跳ぶための予備動作として大きく沈み込みますよね。その沈み込んだ状態で止めて、片足を一歩引いたぐらいがスタートの構えになります。

背中が丸まっている場合は前傾したまま背筋を伸ばしましょう。

手に関しては前に出した足と反対側の手を前に出して構えます。同じ側を出してしまうと上手くスタートできません。

どちらの足を前に出せば良いかという問題ですが、気をつけの姿勢から前に倒れていき自然に前に出た方の足を前にしてみましょう(これは実際にやってみてやり易いほうでOKです)。

スタートしてすぐに起きない

最後に目線ですが斜め下(1mぐらい先)を見ましょう。

スタートを切ったら5mぐらいはそのまま目線を上げず走る練習をしておきましょう。

いきなり正面を見てしまうとすぐに体が起き上がってしまって、せっかく前傾の構えを作った意味がなくなってしまいます。

以上です。

あとはとにかくゴールまで思いっきり「全力」で走ることが大切です。

コーナーを走るテクニックもありますが、色々考えながら走るより全力を出し切れた方が速い事が多いです。
(本番がコーナーならコーナーで練習していれば十分です)

親御さんは順位や走るフォームではなくどれだけ「全力」で走れたかを見てあげてください。

一等賞を狙うテクニックじゃないんかい、と言われそうですが、相手がいることなので練習前より速くなったからといって勝てるとは限りません。

「うちの子は足が遅い」で諦めずに親子で一緒に練習して少しでも速くなったのなら素晴らしいことですから。

-陸上競技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

走り高跳びで戸邉直人選手が日本記録を更新!

戸辺直人(26)=つくばツインピークス=が室内の日本新記録となる2m35をマークしました。 これまでの室内記録は2006年2月に醍醐直幸が跳んだ2m28で、13年ぶりの記録更新です。 この記録は同じく …

練習日誌2018.12.3~12.9

12/4 ウエイト     デッドリフト80kg×10×3           100kg×1、105kg×1、110kg×1     ベンチプレス50kg×10×3     バック懸垂7回×3    …

2018年 走り納め

川嶋ノ宮八幡神社の階段で走り納めをしました。 150段を3本 階段自体は久しぶりでしたが、なかなか良い感じでした。 デッドリフトの効果が出たのか今までにないくらい力強さがありましたね。 パワーアップし …

400mの選手の練習といえば「ケツワレ」練習

今日は400mの専門的な練習について書いていこうと思います。   400mはとにかく過酷な競技です。世界トップレベルの選手でさえラスト100mは苦しさに表情が歪み、ゴール後はトラックに倒れこ …

短距離走の定番練習を考える ウェーブ走

ウェーブ走という練習があります。 その名の通りスピード曲線に波を作るというものです。 加速して減速して再加速して・・・みたいな感じです。 途中で休めるので中学・高校の頃の部活では「楽なメニュー」でした …