シューズ

ズームスーパーフライエリート

投稿日:2018年1月20日

スパイクをNIKEのズームスーパーフライエリートに換えました。

現行のモデルではなく2016リオ五輪カラー


ソールがもはやアート。

こんなに肉抜きして強度は大丈夫なのかという印象ですが、手で曲げてみた感触は非常に硬い。

カーボンプレートではなく硬質プラスティックとのこと。

NIKEのスパイクを履くのは初めてです。

接地がフラットなのであまり角度のついたスパイクは合わないと思い避けてきました。

しかし初代のサイバーゼロのようなフラットなスパイクは少なくなり、こちらがスパイクに合わせないといけないかなと思い始めたことと、フラットに着地しバネを活かして走るストライド走法はアキレス腱に負担が掛かるため、身体の真下でフォアフット気味に着地して軽快にピッチを上げて走る為に重心移動を促してくれる角度がついたスパイクを試してみようと思ったのです。

あとカッコイイから。

履いて歩いた感触としては角度がついている分、カクカクしてしまいましたが、走ってみると意外と走りやすい。

手で曲げた感じでは相当硬く感じたのですが、僕程度の体重と筋力でも十分しならせることが出来て反発がもらえます。


かなり反り上がって角度がついた形状ですが・・・


体重が乗ればフラットになりますので今まで通り足裏全体で地面を捉えられます。この後スパイクが元の形状に戻ろうとする力で推進力がもらえます。

従来のフォームを大きく変えることなく使えそうで安心しました。

角度がついているので予想通り重心移動はスムーズで、ピッチが上がりやすいです。

加速局面が走りやすくなりました。

弾みやすさはアディゼロプライムフィネスほどはありませんが、上下動が少ない軽く回していくような走りが出来そうな感じがします。

角度があるスパイク、今まで食わず嫌いでしたね。なんでも試してみないとわかりません。

ー追記ー

プレートの硬さですが現行のモデルよりリオ五輪モデルの方が硬いです。

知人が持っていた新品の最新モデルと比べてみましたが、中古のリオ五輪モデルの方が明らかに硬い。

理由はわかりません、個体差などはないと思いますが仕様が変更になっているのかもしれません。

-シューズ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NIKE エアズームアルファフライネクスト%

世界陸連による新たなシューズの規制が発表されてわずか一週間。 NIKEが新ルールの基準を満たす厚底シューズを発表しました。 非公式ながら人類初のマラソン2時間切りを達成した際に使用された「アルファフラ …

箱根駅伝で圧勝したNIKEヴェイパーフライ

2020年の箱根駅伝は往路復路ともにNIKEの圧勝だった。 昨年、出場選手の40%が着用して話題となった厚底シューズ「ヴェイパーフライ」 今年はなんと84%の選手が着用するという異常事態。 もはやヴェ …

アディゼロタクミセン8

大幅にリニューアルされたアディゼロタクミセン8を試したので感想を書きます。 (40代 400m専門 SB51”2) タクミセン7は典型的な薄底シューズで短距離の練習に重宝したのですが、 ソール厚みが2 …

NIKE ズーム400

練習用にNIKEのズーム400を購入しました。 こちらです。 見た目はズームスーパーフライエリートと変わりません。 裏もほぼ同じデザインなのですがソールにクッションを一枚挟んであります。 あとピンが1 …

NIKE リアクトインフィニティラン

「怪我を減らす」というコンセプトのシューズがNIKEから発売されました。 それがこちら「リアクトインフィニティラン」 怪我せず無限に走れそうなネーミング。 あちこちガタがきはじめているアラフォースプリ …