赤磐市

周匝茶臼山城跡

投稿日:2018年8月13日

国道374号線を走っていると山頂に城が見えたので行ってみました。


駐車場からスロープを登っていくと、


天守閣(模擬)が現れます。

築城時期は不明だが、天文年間(1532年 – 1555年)初め頃とされている。
茶臼山(標高約180メートル)は、吉井川本流と吉野川の合流地点である。備前東部と美作東部の接点であり、周匝平野、飯岡平野を一望できる備前北東部の要衝であった。また浦上宗景の拠る天神山城の北7キロ程の所にあり、天神山城の上流を守る拠点としての存在価値が高かった。
城郭の形態は連郭式と呼ばれ、2つの尾根上に総延長約800メートルにわたって土壇築成と削り出しによって城郭施設が構築されており、本丸は東南に向って広い楕円形をなし、二の丸はその西続きの山頂に、他に出丸・太鼓丸・空堀・井戸・小池・土塁などの跡が遺り、当時として相当の防備を持つ代表的な山城である。現在も比較的に良好な状態で遺存している城址である。
1579年(天正7年) – 宇喜多氏の美作侵攻により、落城。
1584年(天正12年) – 毛利元清が民政充実のため茶臼山へ移城。
1587年(天正15年) – 豊臣秀吉が、九州征伐に引き続いて征韓の役で三度往復の途次、再三立ち寄った史実があり、また長府藩主毛利秀元との由縁も深い。
1600年(慶長5年) – 関ヶ原の戦いに西軍が敗れ、毛利氏が萩へ西帰するまで16年間在城した。
江戸時代には備前池田藩が周匝に一族で家老の池田伊賀守(片桐池田家)を配置し、陣屋を構えていた。
出典: ウィキペディア(Wikipedia)』



1階部分は資料館


階段を登って2階へ。


2階、写真などが展示されています。


最上階へ。


特に何も無いですが、風が通って気持ちいい。
眺めも良いです。


100円の双眼鏡があります。


敷地内には竪穴式住居が。


内部。かなり深いです。

 

 

規模は小さいですが、城好きの子ども達は喜んでいました。

景色がキレイなので立ち寄ってみる価値はあると思います。

場所:岡山県赤磐市周匝15

-, 赤磐市

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

岡山城

前回からのつづき 橋を渡って岡山城を目指します。 門。 なぜ入ってすぐ上り坂(階段)になっているかというと、 戦のとき、最悪門を閉めた状態で中から埋めてしまえば絶対開けなくなるからだよ。 って近くのカ …

後楽園

後楽園(こうらくえん)は、岡山県岡山市北区後楽園にある日本庭園(大名庭園)で、日本三名園のひとつである。 江戸時代初期に岡山藩主・池田綱政によって造営された、元禄文化を代表する庭園で、国の特別名勝に指 …

チームラボ 高知城 光の祭

創造広場アクトランドもすごく楽しかったんんですが、高知に来た目的はこれ。 「チームラボ 高知城 光の祭」 ライトアップされた高知城。 幻想的な音楽が流れています。 30分ほど並んで歩いてようやく展示エ …

玉藻公園(高松城跡)

男木島行きの10:00発フェリーに乗り遅れてしまったため2時間ほど暇になってしまい、 港の近くにお城が見えたので行ってみました。 園内はきれいな日本庭園。 堀に掛かった橋を渡って天守閣跡へ。 天守閣は …

山陽ふれあい公園

体育館前の駐車場よりも北側の駐車場が遊具に近いです。 公園全景。 長いローラー滑り台があります。 ぶら下がって滑っていくターザンロープ的なやつですが・・・ 動か~ん!! メンテお願いします。 土管トン …