陸上競技

アジア大会 陸上200mで小池祐貴選手が金メダル!

投稿日:2018年8月31日

小池祐貴選手がアジア大会の200mで金メダルを獲得しました。

 

中学時代は野球部で本格的に陸上を始めたのは高校から。

にもかかわらず100mで10秒38、200mで20秒89と両種目で北海道高校生記録を樹立するという逸材でした。

しかし同世代に桐生祥秀という怪物がいたためあまり目立ちませんでした。(高校時代の直接対決は全て桐生選手に敗北)

そんな彼が社会人になり、桐生選手も成し得ていないアジアチャンピオンに。

今回はリレーのみの出場だった桐生選手、これまで同世代では無敵でしたが小池選手の台頭は良い刺激になるはずです。

しかし先日野球部の50m走速すぎ問題について書きましたが・・・やっぱり速いのかな野球選手。

是非、俊足自慢だけど今の競技でパッとしないという方はこの記事を参考に50m走計ってみて下さい!

高校球児50m走速すぎる問題1

高校球児50m走速すぎる問題2

 

5秒台なら陸上に転向だ!

-陸上競技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

足首は硬い方が速い

先日日本人初の9秒台をマークした桐生選手ですが、足首が非常に硬いという記事が出ていました。これが欠点としてではなく速さの秘訣として紹介されていました。スポーツをする上で足首が硬いということは欠点のよう …

ここに練習日誌をつけようと思う

学生のころは練習計画を綿密に立てるタイプでしたが、社会人になってからは計画を立てるのはやめました。 ズボラになった訳でも陸上に対する情熱が無くなったわけでもありません。 計画通り練習できない事がものす …

ついに壁が破られました

ついに日本人が10秒の壁を突破しました。9月9日、福井県で行われた日本インカレの100m決勝で桐生選手が9秒98(+1.8)をマークしました。すばらしいことです。感動しました。YOUTUBE等にアップ …

ウサイン・ボルト敗れる そして衝撃の幕切れ

男子100m決勝、スタートで大きく出遅れたボルト選手は後半に怒涛の追い上げを見せ隣のレーンのコールマン選手に追いつく寸前でフィニッシュとなりました。肉眼でもわずかに届かなかったのがわかりました。あ~惜 …

練習日誌2019.5.21〜5.26

砂浜ダッシュから3日間は筋肉痛が酷くて練習出来ず。 特に内転筋と広背筋がヤバかった。 普通に考えれば硬いサーフェスをスパイクで走った方がダメージは大きいはず、 アキレス腱に不安を覚えてから全力発揮が出 …