陸上競技

アジア大会 陸上200mで小池祐貴選手が金メダル!

投稿日:2018年8月31日

小池祐貴選手がアジア大会の200mで金メダルを獲得しました。

 

中学時代は野球部で本格的に陸上を始めたのは高校から。

にもかかわらず100mで10秒38、200mで20秒89と両種目で北海道高校生記録を樹立するという逸材でした。

しかし同世代に桐生祥秀という怪物がいたためあまり目立ちませんでした。(高校時代の直接対決は全て桐生選手に敗北)

そんな彼が社会人になり、桐生選手も成し得ていないアジアチャンピオンに。

今回はリレーのみの出場だった桐生選手、これまで同世代では無敵でしたが小池選手の台頭は良い刺激になるはずです。

しかし先日野球部の50m走速すぎ問題について書きましたが・・・やっぱり速いのかな野球選手。

是非、俊足自慢だけど今の競技でパッとしないという方はこの記事を参考に50m走計ってみて下さい!

高校球児50m走速すぎる問題1

高校球児50m走速すぎる問題2

 

5秒台なら陸上に転向だ!

-陸上競技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日本選手権が始まりました

日本選手権の100mが始まりました。前回、準決勝ぐらいからバチバチの予感と書きましたが予選からバチバチでした。有力選手が同じ組で走ることはありませんでしたが予選から好タイム続出です。   予 …

no image

うちの子は足が遅い。本当に?

運動会のシーズンですね。 この時期になると「どうやったら速く走れるの?」とよく訊かれます。 「よく分かりません」というのが本音です(笑) それを知りたくてこんな歳まで陸上を続けちゃってるわけですから。 …

高校球児の50m走速過ぎる問題 2

前回は電気計測と手動計測でどのくらいタイム差がでるのかという事について書きました。 手動計測を電気計測に換算するにはタイムの100分の1は切り上げて0.24秒プラスする必要があるという話でした。 では …

超人バンニーキルク、まず1冠

マイケル・ジョンソン氏以来の200m・400m2冠に挑むバンニーキルク選手がまずは400mに登場。まったく危なげなく予選、準決勝を組一着で勝ち上がります。同様にライバルのアイザック・マクワラも順当に勝 …

山縣選手復活の10”00

足首を傷めて日本選手権は惨敗だった山縣選手が全日本実業団の100m決勝で10秒00(+0.2)をマークして優勝しました。 先日桐生選手が9秒98をマークした際は追風1.8mでしたので単純比較はできない …