陸上競技

アジア大会 陸上200mで小池祐貴選手が金メダル!

投稿日:2018年8月31日

小池祐貴選手がアジア大会の200mで金メダルを獲得しました。

 

中学時代は野球部で本格的に陸上を始めたのは高校から。

にもかかわらず100mで10秒38、200mで20秒89と両種目で北海道高校生記録を樹立するという逸材でした。

しかし同世代に桐生祥秀という怪物がいたためあまり目立ちませんでした。(高校時代の直接対決は全て桐生選手に敗北)

そんな彼が社会人になり、桐生選手も成し得ていないアジアチャンピオンに。

今回はリレーのみの出場だった桐生選手、これまで同世代では無敵でしたが小池選手の台頭は良い刺激になるはずです。

しかし先日野球部の50m走速すぎ問題について書きましたが・・・やっぱり速いのかな野球選手。

是非、俊足自慢だけど今の競技でパッとしないという方はこの記事を参考に50m走計ってみて下さい!

高校球児50m走速すぎる問題1

高校球児50m走速すぎる問題2

 

5秒台なら陸上に転向だ!

-陸上競技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

朝7時から渋川で砂浜ダッシュした

トリゴエくんの誘いで砂浜ダッシュをやりました。 朝の7:00から。 子守の予定があったので時間を合わせてもらいました。 朝7:00の渋川海水浴場。 やる気みなぎる2人。 果たして早朝から身体は動くのか …

400mにおけるトップスピードの重要性

前回の記事で乳酸耐性能力は頭打ちするので最終的にはスピードが鍵を握るということを書きました。 しかし一般レベルの400mでトップスピードの向上に重点を置いて練習している選手はあまりいないように感じられ …

山縣選手復活の10”00

足首を傷めて日本選手権は惨敗だった山縣選手が全日本実業団の100m決勝で10秒00(+0.2)をマークして優勝しました。 先日桐生選手が9秒98をマークした際は追風1.8mでしたので単純比較はできない …

NIKE エアズーム ヴァイパーフライ

マラソンシューズのアルファフライネクスト%と同時に短距離用のスパイクも発表されました。 世間の話題は厚底のアルファフライですが、短距離選手の自分としてはこっちが気になります。 短距離のスパイクにAir …

練習日誌2018/11/12〜11/18

11/13 デッドリフト75㎏10回×3 ベンチプレス 45㎏10回×3 11/15 坂200m+80m(25”2) 11/18 250m×3(35″ 32″ 31&#8243 …