博物館,科学館 笠岡市

笠岡市立カブトガニ博物館

投稿日:2018年9月23日

恐竜公園に併設されているカブトガニ博物館に行きました。

カブトガニは背面全体が広く甲羅で覆われ、附属肢などはすべてその下に隠れている。名前はこの甲羅に由来し、またその姿の類似からドンガメ、マンゴエイなどの地方名もある。

日本では古くは瀬戸内海に多かった。取り立ててなんの役にも立たず、図体がでかく漁では網を破るなど嫌われたようである。しかし古生代からその姿がほとんど変わっていない生きている化石であり、学術的な面から貴重であるとして天然記念物の指定を受けた場所もある。近年では環境汚染や埋め立てによって各地でその数を激減させている。

本種は「カニ」と名づけられてはいるが、鋏角類に分類され、甲殻類であるカニとは全く別の節足動物である。

wikipedia丸パクリ


生きたカブトガニを見れるのはもちろん・・・


カブトガニロボを操縦できたりします!


化石の発掘体験。


伝説のゴールデンカブトガニを発見しました!


カブトガニ以外の展示もたくさんあります。
ホオジロザメのアゴ骨。


恐竜の骨


カブトガニよりも恐竜・その他の展示の方が多いですね。


博物館の奥ではカブトガニを養殖しています。


カブトガニの赤ちゃん。


カブトガニの養殖池。
残念ながらカブトガニの姿は見えず。
(普通のカニはたくさんいました)

男の子は恐竜好きなので楽しめると思います。
化石発掘やカブトガニロボなど見るだけじゃなくて自分の手を動かして体験できるものがあり、
子どもたちは熱中していました。

場所:岡山県笠岡市横島1946−2

-博物館,科学館, 笠岡市

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

なぎビカリアミュージアム

なぎビカリアミュージアムに行きました。 一般的な展示と、 化石が埋まった地層を生で展示してあります。 こんな感じで貝の化石が埋まっています。 化石発掘体験の前にはビデオ鑑賞が必須です。 安全教育的なも …

恐竜公園

カブトガニ博物館の隣の公園です。 リアルな恐竜の模型が設置してあります。 まあ、喜ぶよね。とくに男の子は。 こちらが恐竜を見ている時、恐竜もこちらを見ている。 池の中にも。 プテラノドーーーーン! 恐 …

岡山城

前回からのつづき 橋を渡って岡山城を目指します。 門。 なぜ入ってすぐ上り坂(階段)になっているかというと、 戦のとき、最悪門を閉めた状態で中から埋めてしまえば絶対開けなくなるからだよ。 って近くのカ …

マイントピア別子 東平地区

東洋のマチュピチュとい言われる東平(とうなる)地区へはガイド付きの観光バスで行けます。 一応マイカーでも行けるのですが、すれ違いが困難な山道ですのでそれなりに覚悟が必要です。 僕はバスにしておいて正解 …

笠岡総合スポーツ公園

陸上競技場や体育館のある笠岡総合スポーツ公園の中の遊具です。 規模はそれほど大きくありませんが、たくさん滑り台があります。 吊橋やトンネルがあり、高低差もあって入り組んでいるので見た目の広さよりも遊べ …