冒険 浅口市

瀬戸内海国立公園寄島園地

投稿日:2018年10月7日

三ツ山スポーツ公園で遊んでいると長男が
「もういい」
と言ってきました。
いつもなら「そろそろ帰るよ」と言われて渋々帰る長男が「もういい」とは。
熱中症かと思いましたが、来るときに海が見えたので海に行きたいとのこと。


三ツ山スポーツ公園から路地を抜けてちょいと山を越えればエエ感じの砂浜があるじゃないの。
どう見ても車で行けそうな道ではないので徒歩で砂浜を目指すことにしました。


路地を進んでいくと・・・


とんでもない坂道が現れました。
が、全く躊躇無く歩を進める長男。
次男を抱いて後を追うことに。


坂道が大好物の長男もけっこう苦戦しました。


汗だくになりながらなんとか上りきると海が見えました!


あとは下るのみ。
砂浜が見えて波の音が聴こえてきます。
ただ道の手入れが行き届いてなく、両側から植物が伸びてきています。


オイオイ・・・


オイーーーー!!!

植物の成長により通行不可。
やむを得ず引き返します。


案内板がありました。
あの先に砂浜があるのは間違いないようです。

よく見ると進もうとした先に「バカ」という落書きが・・・
こっちから行くヤツはバカということか。
ぐぬぬぬ・・・


案内板を見て別ルートを試みるも行った先は同じように道が無くなっており、
我々は下山せざるをえなかったのである・・・。


結局、どうやって行ったかというと
普通に車で行けたんですよね。
西側から迂回して。
スマホの地図の読み込みが遅いから狭~い範囲で見てました。
かなり無駄な冒険をしてしまった・・・。


海には3つの岩が並んでいます。
三ツ山と呼ばれるこの岩が三ツ山公園の由来みたいですね。


三ツ山の近くまで行っている人がいたので、遠浅になっているのか、岩場をつたって行けるようです。


岩が露出したゴツゴツゾーンを越えると・・・


きれいな砂浜が広がっています。
写真右下のようにたくさん穴が開いていて、カニが出入りしています。
砂と同じ色で、高速移動するので写真に収められず。
こどもは夢中でカニを追いかけていました。


砂浜をさらに進むと建物があります。
そういえばマップにカフェが出てたような・・・。


建物の横には階段が。
おそらくさっき塞がっていた道の先がここだと思われます。
草ボーボーでこちらの道から受け入れる気はなさそうな感じですね。


中に入るとエプロン・バンダナ姿のおばあさんがいました。
お店の方かなと思ったのですが、無言でキョトンとした表情をされているので、
「こちらカフェですか?」
と尋ねると、笑顔で
「そうなんですよ、お引き取り下さい」

!?

「えっと・・・今日はもう終わりですk
「早くお引き取り下さい」
笑顔なんだけど目が笑っていない。
貼り付けたような笑顔とはこういう表情のことだろうか。
とにかくそのコピペスマイルで「お引き取り下さい」の一点張りなのだ。
斬新な接客に困惑していると奥から鋭い目つきのおじさんが出てきて
「さっさと出てください」
敷地から追い出されてしまった。
そして目の前で入口に鎖を掛け
「チッ自分で閉めろよ」(僕に言ったのか、おばあさんにいったのかは不明)


何かこちらにとんでもないルール違反があったのだろうか。
看板をよく見てみた。
現在時間は16時。
カフェタイムは18時と書いてあるので時間が遅すぎた訳では無さそう。
さらによーーーーく見てみると、小さい字で
お子様・ペット連れの方は、立地条件によりNGとある。
我々はこのルールに抵触してしまったようです。
しかし立地条件により子どもがNGとは?
この敷地には子どもの魂を喰らう悪霊でもおるんか?
だとすれば先程の「早々に立ち去れィ!」的な対応も納得できる。
息子たちの命を救ってくれてありがとうございます。
ただ大事なことはもう少し大きく書いていただければ。

納得して立ち去ろうとした時、近くにいた家族連れに話しかけられました。
「怒られました?」
「あ、はい。なんか追い出されました」
どうやらこの家族連れもあの斬新な接客を体験したようです。
「あんな言い方をしなくてもいいのに。」とご立腹でありました。
まあ普通そう感じますよね。

ただ、このご家族、子連れじゃなかったんですよね・・・。
子連れと言えば子連れなのかもしれませんが大学生ぐらいの子だったんです。
店側が子どもをどう定義しているのかは分かりませんが、一般的には大人です。
子連れでも時間外でもなく客を追い出すとは・・・
何か店内に見られたくないものでもあるのか。
事件の匂いがする。

気になって口コミとか調べてみたところ
だいたい皆様同じような接客を受けているようです。
事件性はなく人間性の問題でした。

しかし隠れ家的な立地であの斬新な接客をして商売が成り立つってすごいなと。
よっぽど料理が美味しいのか国家の後ろ盾でもあるのか(国立公園内だし)
興味のある方は調べて行ってみて下さい(自己責任で)


さてユニークなカフェの話が長くなりましたが遊ぶには良い砂浜です。
プライベートビーチとまでは言えませんが、山の裏手なので人が少ない夕方などはそういう雰囲気を味わえます。

-冒険, , 浅口市

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

岡山天文博物館(2回目)

前回改装中で入れなかった岡山天文博物館に行きました。 パラボナアンテナにスーパーボールを落として跳ね方を観察するヤツ。 次男がめちゃくちゃハマってました。 太陽系の惑星を3Dで見ることができます。 さ …

天神鯰(天神文化プラザ)

天神文化プラザのエントランス前に口を開けている流木で作られたトンネル。 少し狭いですが大人でも入っていけます。 流木の隙間は結構広いところもありますので小さい子はすり抜けて落ちてしまうかもしれないので …

渋川マリン水族館(玉野海洋博物館)

実は岡山で唯一の水族館、渋川マリン水族館(玉野海洋博物館)に行きました。 入ってすぐの広場にはプールが2ヶ所あります。 岩のプールは海の浅瀬のようになっていて小さめの魚を間近で見れます。 岩の上にも乗 …

王子ヶ岳 ニコニコ岩

「山に行きたい」 という長男のざっくりとした要望により来ました。 駐車場に車を停めて、あとはただ山道を歩きます。 途中眺めの良いポイントがあります。 ニコニコ岩が近づいてきました。 到着。 やさしいブ …

神子畑選鉱場跡

明延鉱山で採鉱した鉱石を必要・不要物に仕分ける作業を行なっていた施設です。 全盛期は24時間稼働の不夜城でしたが明延鉱山の閉山に伴い、選鉱場も操業を終了し閉鎖されました。 シックナーという巨大な円盤状 …