陸上競技

この冬は300mを走るよ

投稿日:2018年10月27日

今年はショートスプリントの練習に重点を置いてスピードを高め、
そのスピードを本職の400mに落とし込むというコンセプトでやりました。

冬場からスパイクを履いて30m~60mぐらいのダッシュを繰り返しました。
そして300m以上の距離はほとんど走りませんでした。

春先に300mを走るとスピードに余裕があるのでかなり楽に走ることができました。
狙い通りショートスプリントで高めたスピードをロングスプリントに落とし込めている感触がありました。

しかし400mのレースになると練習で長い距離を走っていない不安から前半が消極的になってしまい、
結果的にスピードを活かし切る事ができませんでした。

コンセプトは間違っていなかったと思うので、この冬はスピード練習を継続しつつ、
距離への不安を取り除くために300mを入れていこうと思います。

1回の練習で1本、週に1~2回ぐらい精神的に負担にならない強度で慣らしていこうと思います。

-陸上競技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ワールドマスターズゲーム2021にエントリーしました

ワールドマスターズゲーム2021にエントリーしました。 アーリーエントリーはあっという間に枠が埋まってしまったので、 一般エントリー開始の2月1日、10:00前にはPCの前で待機し、受付開始と同時にア …

ボルト伝説の最終章は?

世界陸上が始まりますね。注目はやはり男子100mですね。人類最速の男、ウサイン・ボルトのラストランです。どのような結末が待っているのか。ボルトのシーズンベストは9秒95と不調ですが、ここ数年はいつもシ …

冬季練習の定番メニューについて考える1

シーズンも終わり、冬季練習に入っていくわけですが陸上界には冬季練習での定番メニューがあります(冬季限定というわけではないですが) それは坂ダッシュ、砂浜ダッシュ、階段ダッシュの3つです。 僕も冬になる …

no image

走り高跳びで戸邉直人選手が日本記録を更新!

戸辺直人(26)=つくばツインピークス=が室内の日本新記録となる2m35をマークしました。 これまでの室内記録は2006年2月に醍醐直幸が跳んだ2m28で、13年ぶりの記録更新です。 この記録は同じく …

400mにおけるトップスピードの重要性

前回の記事で乳酸耐性能力は頭打ちするので最終的にはスピードが鍵を握るということを書きました。 しかし一般レベルの400mでトップスピードの向上に重点を置いて練習している選手はあまりいないように感じられ …