陸上競技

この冬は300mを走るよ

投稿日:2018年10月27日

今年はショートスプリントの練習に重点を置いてスピードを高め、
そのスピードを本職の400mに落とし込むというコンセプトでやりました。

冬場からスパイクを履いて30m~60mぐらいのダッシュを繰り返しました。
そして300m以上の距離はほとんど走りませんでした。

春先に300mを走るとスピードに余裕があるのでかなり楽に走ることができました。
狙い通りショートスプリントで高めたスピードをロングスプリントに落とし込めている感触がありました。

しかし400mのレースになると練習で長い距離を走っていない不安から前半が消極的になってしまい、
結果的にスピードを活かし切る事ができませんでした。

コンセプトは間違っていなかったと思うので、この冬はスピード練習を継続しつつ、
距離への不安を取り除くために300mを入れていこうと思います。

1回の練習で1本、週に1~2回ぐらい精神的に負担にならない強度で慣らしていこうと思います。

-陸上競技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

冬季練習の定番メニューについて考える2

砂浜ダッシュについて 前回に引き続き、今回は冬季練習の定番メニューである砂浜ダッシュについて書いていきます。 まずはメリットから。 砂地はトラックのように接地した時に反発をもらうことが出来ない為、自力 …

高校球児の50m走速過ぎる問題 2

前回は電気計測と手動計測でどのくらいタイム差がでるのかという事について書きました。 手動計測を電気計測に換算するにはタイムの100分の1は切り上げて0.24秒プラスする必要があるという話でした。 では …

超人バンニーキルク、まず1冠

マイケル・ジョンソン氏以来の200m・400m2冠に挑むバンニーキルク選手がまずは400mに登場。まったく危なげなく予選、準決勝を組一着で勝ち上がります。同様にライバルのアイザック・マクワラも順当に勝 …

練習日誌 2018/11/19~11/25

11/19 デッドリフト75kg×10×3、100kg×1、105kg×1、107.5kg×1 ベンチプレス47.5kg×10×3 バック懸垂7回×3 11/21 坂ダッシュ 30×3、60×3 10 …

足首は硬い方が速い

先日日本人初の9秒台をマークした桐生選手ですが、足首が非常に硬いという記事が出ていました。これが欠点としてではなく速さの秘訣として紹介されていました。スポーツをする上で足首が硬いということは欠点のよう …