冒険 鳥取県

砂丘観光リフト

投稿日:2018年10月31日

砂の美術館を見て、砂丘の東側も行って見ようと移動していたら、
道路の上を通過するスキー場のリフトのようなものが。
「乗る乗る乗る乗る!」

近くの駐車場に車を停めて上りの駅へ。

駅は砂丘に入ってすぐのところにありました。


小さい子2人+大人1人ならOKだったのですが、どうしても1人で乗りたかった長男。
下りのリフトを見てもらうとわかるんですが、体の前にバーが無いのでやや心配。


道路の上を通過して行きます。
万が一人や物が落ちても大丈夫なようにネットが張ってります。


道路を越えるとネットは無くなりますが、「飛び降り禁止」と書いてある通り飛び降りれる高さです。
長男1人でもまあまあ安心できました。

ちなみにリフトの左側に見えているカメラで写真を撮ってくれます。
(リフトを降りたところで1100円で販売してます)


上の駅に到着。


見晴らしの丘というお土産物屋さんがありました。
結論からいうとリフトの上はこれだけです。
駐車場もあり車でも上がって来れます。


展望台からの眺め。
砂丘と日本海が見えます。
まあ砂丘は遠くから見るより入って歩いた方が景色は良いです。


ここにも砂像がありました。
学生の作品だそうです。


ここにも砂像があるのか〜と思ったら道路の向こうに砂の美術館のサブゲートが。
こちらからも入れるようです。

思うに、

見晴らしの丘まで車で上がって来て、
サブゲートから砂の美術館入って見て
サブゲートから戻ってリフトで砂丘へ降りて観光して
またリフトで戻ってきてお土産買って帰る

というのが(リフトに乗るなら)一番良いルートだったのではないかと。


我々は車を下に停めて来たし、砂の美術館は見終わっているのでお土産買ってリフトで降りるのみ。
まあ子どもはリフト自体がすごく楽しかったみたいなので良かったです。

-冒険, 鳥取県

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

祖谷のかずら橋

奥祖谷観光周遊モノレールと二重かずら橋を満喫し帰路についたのですが、帰り道に「かずら橋⇒」みたいな案内板を多数見かけました。 帰る方向にかずら橋があるような表示なので迷ったのかと思い調べてみると、かず …

成羽第2トンネル

高梁市の成羽から国道300号線を北上している時にすごいトンネルに出くわしたので車を停めて探検してみました。 岩をくり抜いただけの素掘りのトンネル。 ここ県道ですよね? トンネルの先は断崖絶壁。 駐車ス …

犬島

犬島は岡山市唯一の有人離島であり、古くから銅の製錬業と採石業などで隆盛をきわめてきた歴史があり、現在も残る当時の遺構が独特の雰囲気と景観を醸し出している。また、2008年(平成20年)の犬島精錬所美術 …

こうもり塚古墳

こうもり塚古墳とは 吉備の大首長の墓と考えられる前方後円墳で、後円部には棺を納めた横穴式石室があります。 この横穴式石室は、全長19.4mで巨大な石を組み合わせて造られており、岡山県下三大巨石墳の一つ …

鳥取砂丘砂の美術館

さて長男次男とも鳥取砂丘こどもの国の遊具に夢中になっているわけですが、 砂の美術館に行きたいんですよね。 僕「そろそろ次に行かない?」 長男「え~まだ遊びたい」 僕「砂の美術館行かない?」 次男「いか …