冒険 鳥取県

砂丘観光リフト

投稿日:2018年10月31日

砂の美術館を見て、砂丘の東側も行って見ようと移動していたら、
道路の上を通過するスキー場のリフトのようなものが。
「乗る乗る乗る乗る!」

近くの駐車場に車を停めて上りの駅へ。

駅は砂丘に入ってすぐのところにありました。


小さい子2人+大人1人ならOKだったのですが、どうしても1人で乗りたかった長男。
下りのリフトを見てもらうとわかるんですが、体の前にバーが無いのでやや心配。


道路の上を通過して行きます。
万が一人や物が落ちても大丈夫なようにネットが張ってります。


道路を越えるとネットは無くなりますが、「飛び降り禁止」と書いてある通り飛び降りれる高さです。
長男1人でもまあまあ安心できました。

ちなみにリフトの左側に見えているカメラで写真を撮ってくれます。
(リフトを降りたところで1100円で販売してます)


上の駅に到着。


見晴らしの丘というお土産物屋さんがありました。
結論からいうとリフトの上はこれだけです。
駐車場もあり車でも上がって来れます。


展望台からの眺め。
砂丘と日本海が見えます。
まあ砂丘は遠くから見るより入って歩いた方が景色は良いです。


ここにも砂像がありました。
学生の作品だそうです。


ここにも砂像があるのか〜と思ったら道路の向こうに砂の美術館のサブゲートが。
こちらからも入れるようです。

思うに、

見晴らしの丘まで車で上がって来て、
サブゲートから砂の美術館入って見て
サブゲートから戻ってリフトで砂丘へ降りて観光して
またリフトで戻ってきてお土産買って帰る

というのが(リフトに乗るなら)一番良いルートだったのではないかと。


我々は車を下に停めて来たし、砂の美術館は見終わっているのでお土産買ってリフトで降りるのみ。
まあ子どもはリフト自体がすごく楽しかったみたいなので良かったです。

-冒険, 鳥取県

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

阿波の土柱

「阿波の土柱」は、太古の昔より土や砂礫が堆積した土地が隆起し、雨水の浸食によって削られ、柱状になった地形で国の天然記念物に指定されています。 周辺には駐車場があり、車を降りて徒歩で行けます。 展望台か …

河原城

城の目の前まで車で登れて駐車場(15台)があります。 「であえ~であえ~」と叫びながら大手門へ攻め入る次男。 それは迎え撃つ方のセリフな。 天守閣外観 パンフレットによると、 かつて丸山城と呼ばれてい …

鳥取砂丘子どもの国

広大な鳥取砂丘を満喫した後、 すぐ近くの鳥取砂丘こどもの国へ行ってみました。 車を降りるとすぐSLが迎えてくれます。 入場するとすぐ空中回廊なるものが。 一見ただの屋根のようなんですが、中央の柱にから …

祖谷のかずら橋

奥祖谷観光周遊モノレールと二重かずら橋を満喫し帰路についたのですが、帰り道に「かずら橋⇒」みたいな案内板を多数見かけました。 帰る方向にかずら橋があるような表示なので迷ったのかと思い調べてみると、かず …

下蒜山 雲居平

下蒜山の雲居平へ登りました。 登山口には駐車場がありますが、登山に良い時期だと朝9時でこの状態。 端っこにギリギリ停めれました。 さっそく登山開始、熊出没注意の看板があります。 (いちおう熊よけの鈴は …