陸上競技 陸上練習日誌 メルカリ

ウエイトトレーニング用のシューズとストラップを買いました

投稿日:

はい。

タイトルの通り買いました。

メルカリで。

デッドリフトを10回×3セットやっているんですが、70kgから75kgに負荷上げしたところ握力が限界にきてしまいました。

MAXの重さを1発挙げるぶんには問題ないんですけど、

10回挙げ下げする間に握力が尽きてバーベルを落としてまいます(ちょっと危ない)

鍛えたいお尻やハムストリングス、背筋は「まだいける」なのに握力が「もう無理」になってしまうのです。

またバーベルを握っている指が限界に近づくとフォームが崩れたり、鍛えたい部位に集中できなくなるので握力を補助するストラップを着けてやることにしました。

ストラップは久々に使いましたが、やはり着けたほうがやりやすいですね。

握力が尽きることなく75kgで10回3セットをこなすことが出来ました。

続いてシューズですが、ナイキの「ズームテラカイガ―2」

聞いたことない名前ですが中敷きにRUNNINGと書かれているのでランニングシューズだと思われます。

特徴はソールがフラットで硬くて薄い。


なんだか力が出そうなソールのデザイン・・・。

ウエイトトレーニング用の靴ではありませんが、ズームフライよりデッドリフトがやりやすかったです。
(ズームフライでウエイトすること自体間違い、と突っ込まれそうですが・・・)

スクワットやデットリフトなどを重いウエイトでやる場合、底が厚くてクッション性のあるシューズの場合だと荷重でグニューっと沈んでしまい、安定感が悪くなってしまいます。

バランスを鍛えるためにあえてクッションの上でトレーニングする場合もありますが、最大筋力の発揮を狙ってやる場合は安定しやすい薄くて硬いフラットなシューズがお勧めです。

さあ新しいアイテムにより、さらに力が入りやすくなったのでゴリマッチョ目指して頑張ります。

今年こそ・・・。

-陸上競技, 陸上練習日誌, メルカリ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

超人バンニーキルク、まず1冠

マイケル・ジョンソン氏以来の200m・400m2冠に挑むバンニーキルク選手がまずは400mに登場。まったく危なげなく予選、準決勝を組一着で勝ち上がります。同様にライバルのアイザック・マクワラも順当に勝 …

高校球児の50m走速過ぎる問題 2

前回は電気計測と手動計測でどのくらいタイム差がでるのかという事について書きました。 手動計測を電気計測に換算するにはタイムの100分の1は切り上げて0.24秒プラスする必要があるという話でした。 では …

足首柔らかすぎる問題

スタンディングスタートからの一歩目。 足首がかなり背屈してしまっています。(つぶれている) 足首の角度がどうこうというより、接地中に足首の角度が変わることが問題なのです。 (接地の瞬間は90度ぐらいな …

練習日誌2018.11/3~11/11

11/3 坂200m×2(26”1 24”9) 11/5 デッドリフト70㎏10回×3 105㎏×1 ベンチプレス 45㎏10回×3 バック懸垂 5回×3 300m(40”3) 11/6 坂200m× …

高校球児の50m走速過ぎる問題 1

甲子園球児の「50m走」タイムが日本記録超え続出という問題 野球選手に限ったことではないのですが、「50m5秒台の俊足」ってよく聞きますよね。 2018 高校球児 50m走ランキング このサイト見ると …