未分類

スクリーン無呼吸症候群

投稿日:2018年11月30日

スクリーン無呼吸症候群とは

「スクリーン無呼吸症候群」とはパソコンのスクリーンを見た人々の多くが、無意識のうちに息が浅くなったり、呼吸を止めてしまったりする」というものです。
スマホのスクリーンでも同じことが起こります。
呼吸により十分な酸素が取り込めないため脳の機能が低下し、集中力や記憶力が低下が起きるだけでなく、
不安感や焦りが生じてしまいます。

原因はブルーライト

ブルーライトはパソコンのスクリーンなどが発する波長が短い青い光です。
ブルーライトは適度に浴びると、脳が覚醒して、集中力の向上やパフォーマンスの向上が見られますが、過度にブルーライトを浴びてしまうと、眼精疲労だけでなく、呼吸まで浅くなってしまうのです。
ブルーライトは交感神経系が活性化させ、脳を興奮状態にします。
興奮状態になると当然心拍数があがり、呼吸は速く浅くなってしまいます。

対策は深呼吸

一番の対策は深呼吸をすることです。
脳が興奮状態になると呼吸が浅く早くなりますが逆もまた然りで、
呼吸を深くゆっくりすることでリラックスできるのです。
わざわざ太字にしましたが、これって誰でも当たり前にやってますよね。
緊張したらとりあえず深呼吸・・・常識です。
スクリーン無呼吸症候群の対策も深呼吸をするのが一番です。

スクリーンを見ているときは呼吸に気を付けて呼吸が浅くなってきたら深呼吸。
これだけでだいぶストレスを軽減できます。

ブルーライトをカットするメガネやフィルターも合わせて使えばより効果的です。

今、このブログを見てくれているスクリーンの前のアナタ、
呼吸浅くなってませんか?

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

世も末だなと思った

↓世も末だなと思いました。 炎天下の車内に残された子どもを助けようとしたら親に逆ギレされたというニュース 昨夏、パチンコ屋の女性従業員が駐車場の車の中でぐったりとした2歳ぐらいの女児を見つけた。 気温 …

no image

嵐の活動休止宣言

普段長時間テレビを見ることはないが、 インフルエンザで隔離中され暇を持て余していたため、嵐の活動休止宣言の中継を見ていた。 なんだか後半は活動休止宣言の会見とは思えないほど爽やかで和やかな雰囲気だった …

プロテインを飲み始めたという話

アスリートの端くれ(最下層)としてプロテインは摂った方がいいよなと長年思っていたのですが、 ようやく買いました。 なんかもうね、種類が多すぎて「結局どれがいいんだよ!?」って感じで先延ばしになっていて …

茄子アンタルジアの夏

自転車レーサーの話です。 ―主人公(ぺぺ)は地元でのレースを走っていた。 日を同じくして兄の結婚式も行われている。 兄の相手はかつて想いを寄せていた女性(カルメン)である。 かつて兄弟は一台しかない自 …

トレーニング直後用のプロテインをわざわざ別に買った話

トレーニング後の45分間がプロテイン摂取のゴールデンタイムなので、 筋トレ場やグランドでトレーニングを終えた人がプロテインのシェイカーをシャカシャカやってる訳ですが、 それを見ていつも「また忘れちゃっ …