陸上競技

ふくらはぎのケガから考えられること

投稿日:2018年12月10日

12/9は早朝から砂浜に出向いてダッシュしたんですけど、
途中で右ふくらはぎの下部に痛みが出たので途中で練習を中止しました。

せっかく早朝から遠くまで出てきたから最後までやろう!と変に根性を出さなくなったのは大人になったなと我ながら思います。

マスターズ世代になってからこういう根性を出すとだいたい後悔することになります

今日治療に行ったら、軽い肉離れでした。

今週は走るトレーニングは控えようと思います。

先週の300m×4の翌日に同じ部位が痛かったのでおそらくこの練習で傷めたのでしょう。

痛みが引いて12/6に250m+200m+150mの走り込み翌日にも同じ痛みが出ていました。

筋肉痛かなというレベルだったんですが、12/9は柔らかい砂の上でも痛みが出たので、こりゃ傷めてるなと。

このふくらはぎの肉離れですが、
ダッシュ中にピリっときた!というヤツではなく
練習後になんか引っかかるな・・・ちょっと痛いな・・・みたいな感じでした。

傷めた瞬間がわからないタイプのヤツです。

いつの間にか肉離れです。

30才過ぎてからこのパターン増えました。

スプリンターの肉離れといえば、全力疾走中にハムストリングなどの大腿部をやっちまうパターンが多いのに対し、
いつの間にか肉離れはスピードを抑えた走り込みでも発生します。(僕はだいたいこのパターンです)

傷めた瞬間がはっきりせず、走り終わってなんか痛いな・・・みたいな。

傷める部位も大腿部などの大きな筋肉ではなく、ふくらはぎの小さな筋肉が多いです。

「全力疾走出来るならテンポ走で怪我することは無い」

僕はなんとなくこういう感覚を持っていました。

だって100%の出力で怪我しないなら当然80%ぐらいなら大丈夫でしょ?

でもそういう簡単な話じゃ無いって事ですね。

弱い負荷でも追い込むときには要注意です。

とはいえ、20代の頃はふくらはぎを傷めることはありませんでした。

300mを20本とかいう無茶をしても怪我をしなかったのですが、やはり年齢とともに耐久力が落ちてきたのでしょう。

マスターズ世代のスプリンターは

強すぎる負荷一発でも壊れるし、弱い負荷の積み重ねでも壊れる

このことをしっかり頭に入れて残りの冬季練習に取り組もうと思います。

とはいえこの冬は300mを走ろうと決めたので何か対策をしなければ。

-陸上競技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ワールドマスターズゲーム2021にエントリーしました

ワールドマスターズゲーム2021にエントリーしました。 アーリーエントリーはあっという間に枠が埋まってしまったので、 一般エントリー開始の2月1日、10:00前にはPCの前で待機し、受付開始と同時にア …

この冬は300mを走るよ

今年はショートスプリントの練習に重点を置いてスピードを高め、 そのスピードを本職の400mに落とし込むというコンセプトでやりました。 冬場からスパイクを履いて30m~60mぐらいのダッシュを繰り返しま …

400mの選手が辛い走り込みをする意味

前回乳酸を溜める練習だけではそのうちタイムが頭打ちするということを書きました。 今回はその原因について書いていこうと思います。   結論から言って一番の原因はスピードです。 最高速度が向上し …

超人バンニーキルク、まず1冠

マイケル・ジョンソン氏以来の200m・400m2冠に挑むバンニーキルク選手がまずは400mに登場。まったく危なげなく予選、準決勝を組一着で勝ち上がります。同様にライバルのアイザック・マクワラも順当に勝 …

NIKE エアズームアルファフライネクスト%

世界陸連による新たなシューズの規制が発表されてわずか一週間。 NIKEが新ルールの基準を満たす厚底シューズを発表しました。 非公式ながら人類初のマラソン2時間切りを達成した際に使用された「アルファフラ …