陸上競技

ふくらはぎのケガから考えられること

投稿日:2018年12月10日

12/9は早朝から砂浜に出向いてダッシュしたんですけど、
途中で右ふくらはぎの下部に痛みが出たので途中で練習を中止しました。

せっかく早朝から遠くまで出てきたから最後までやろう!と変に根性を出さなくなったのは大人になったなと我ながら思います。

マスターズ世代になってからこういう根性を出すとだいたい後悔することになります

今日治療に行ったら、軽い肉離れでした。

今週は走るトレーニングは控えようと思います。

先週の300m×4の翌日に同じ部位が痛かったのでおそらくこの練習で傷めたのでしょう。

痛みが引いて12/6に250m+200m+150mの走り込み翌日にも同じ痛みが出ていました。

筋肉痛かなというレベルだったんですが、12/9は柔らかい砂の上でも痛みが出たので、こりゃ傷めてるなと。

このふくらはぎの肉離れですが、
ダッシュ中にピリっときた!というヤツではなく
練習後になんか引っかかるな・・・ちょっと痛いな・・・みたいな感じでした。

傷めた瞬間がわからないタイプのヤツです。

いつの間にか肉離れです。

30才過ぎてからこのパターン増えました。

スプリンターの肉離れといえば、全力疾走中にハムストリングなどの大腿部をやっちまうパターンが多いのに対し、
いつの間にか肉離れはスピードを抑えた走り込みでも発生します。(僕はだいたいこのパターンです)

傷めた瞬間がはっきりせず、走り終わってなんか痛いな・・・みたいな。

傷める部位も大腿部などの大きな筋肉ではなく、ふくらはぎの小さな筋肉が多いです。

「全力疾走出来るならテンポ走で怪我することは無い」

僕はなんとなくこういう感覚を持っていました。

だって100%の出力で怪我しないなら当然80%ぐらいなら大丈夫でしょ?

でもそういう簡単な話じゃ無いって事ですね。

弱い負荷でも追い込むときには要注意です。

とはいえ、20代の頃はふくらはぎを傷めることはありませんでした。

300mを20本とかいう無茶をしても怪我をしなかったのですが、やはり年齢とともに耐久力が落ちてきたのでしょう。

マスターズ世代のスプリンターは

強すぎる負荷一発でも壊れるし、弱い負荷の積み重ねでも壊れる

このことをしっかり頭に入れて残りの冬季練習に取り組もうと思います。

とはいえこの冬は300mを走ろうと決めたので何か対策をしなければ。

-陸上競技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

この冬は300mを走るよ

今年はショートスプリントの練習に重点を置いてスピードを高め、 そのスピードを本職の400mに落とし込むというコンセプトでやりました。 冬場からスパイクを履いて30m~60mぐらいのダッシュを繰り返しま …

シューズを変えてフォームを改善

2017年のシーズンはある程度の結果を残せましたが、微妙なフォームの狂いを感じたシーズンでもありました。走った後に太腿の前面に疲労を感じたり、膝痛が出たりしました。本来スプリントにおいて太腿前面の筋肉 …

ウサイン・ボルト敗れる そして衝撃の幕切れ

男子100m決勝、スタートで大きく出遅れたボルト選手は後半に怒涛の追い上げを見せ隣のレーンのコールマン選手に追いつく寸前でフィニッシュとなりました。肉眼でもわずかに届かなかったのがわかりました。あ~惜 …

no image

走り高跳びで戸邉直人選手が日本記録を更新!

戸辺直人(26)=つくばツインピークス=が室内の日本新記録となる2m35をマークしました。 これまでの室内記録は2006年2月に醍醐直幸が跳んだ2m28で、13年ぶりの記録更新です。 この記録は同じく …

練習日誌2019.5.21〜5.26

砂浜ダッシュから3日間は筋肉痛が酷くて練習出来ず。 特に内転筋と広背筋がヤバかった。 普通に考えれば硬いサーフェスをスパイクで走った方がダメージは大きいはず、 アキレス腱に不安を覚えてから全力発揮が出 …