陸上競技

2019 走り初め

投稿日:2019年1月1日

かれこれ15年ぐらい、
毎年元旦は渋川海岸で走り初めをしています。

昨日走り納めたばかりですが、
今年も岡山ACのメンバーでワイワイ走りました。


最後は男女全員で浜王決定戦。
距離は200m(ハンデあり)。

懸命に金丸フィニッシュをかましましたが、敗れました。

平成最後の浜王にはなれず、無念。
でも楽しかった。

10年ぐらい前は
30m×7、60m×6、90m×5、120m×4、150m×3、180m×2、210m×1
というメニューが定番でした。

参加者がほぼマスターズ世代ということで走る量はだいぶ減りましたが、
正月の楽しみとして続けていきたいと思っています。

-陸上競技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

記憶に残るフライング

記憶に残るフライングBEST3(私が勝手に選びました) ジョン・ドラモンド選手(2003年 パリ世界陸上・100m2次予選) フライング後の2度目のスタートでフライング判定をうけたドラモンド選手は「I …

冬季練習の定番メニューについて考える1

シーズンも終わり、冬季練習に入っていくわけですが陸上界には冬季練習での定番メニューがあります(冬季限定というわけではないですが) それは坂ダッシュ、砂浜ダッシュ、階段ダッシュの3つです。 僕も冬になる …

陸上競技のフライングのルールについて

先日、桐生選手が海外のグランプリレースでフライングを犯し失格するということがありました。9秒台が期待されていただけにがっかりした方も多いと思います。もちろん桐生選手本人もがっかりした事でしょう。反応時 …

no image

走り高跳びで戸邉直人選手が日本記録を更新!

戸辺直人(26)=つくばツインピークス=が室内の日本新記録となる2m35をマークしました。 これまでの室内記録は2006年2月に醍醐直幸が跳んだ2m28で、13年ぶりの記録更新です。 この記録は同じく …

日本選手権が始まりました

日本選手権の100mが始まりました。前回、準決勝ぐらいからバチバチの予感と書きましたが予選からバチバチでした。有力選手が同じ組で走ることはありませんでしたが予選から好タイム続出です。   予 …