陸上競技

レース以外の感覚に慣れすぎないように その2

投稿日:

前回は坂ダッシュなどトラック以外の環境に慣れすぎない方がいいという話でしたが今回はシューズについて書きます。

スパイクとランニングシューズではソールの角度、硬さ、グリップ力が違います。

僕は冬季練習をランニングシューズでこなし、春先になって久々にスパイクを履いたら違和感があります。

シューズでの走りに適応し過ぎているのだと思います。

この違和感が嫌で昨年は冬季練習をスパイクでやってみたら感覚的にはスムーズにシーズンインできました。

ただ距離と本数を抑えても負荷が強すぎたのか、
3月ぐらいから脚に痛みが出てしまいました・・・。

極論を言ってしまえば冬季の走り込みも全てトラックでスパイクを履いて行うのがベストだと思います。

ただしマスターズ世代でこれをやると脚がもちません。

この冬僕がやっている試みは、1本ずつシューズを変えるです。

全てスパイクで走り込みできないのであれば、せめて特定のシューズの感覚に慣れないようにしたいのです。

300mを3本走るのであれば、

1本目は厚底のズームフライ
2本目は薄底のルナスパイダー
3本目にスパイクのズームスーパーフライエリート

という感じです。

坂なら3本目がアディゼロタクミセンブーストになります。

この方法だと特定のシューズに慣れ過ぎないので
今のところスパイクを履いたときに大きな違和感はありません。

違和感無くシーズンインできそうな気がしています。


この冬は、スパイクを合わせると4足のシューズで練習しています。


砂浜用とウエイトトレーニング用を合わせると6足!

この方法だとシューズがたくさん必要なのでお金が掛かりますが、
長い目で見れば1足のシューズをすぐ履きつぶすよりコスパが良いのでは?

今のところソールの減りはありません。

これについては冬季練習が終わった頃にもう一回チェックしてみます。

-陸上競技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

練習日誌2020.6.1~6.15

6月1日 ベンチプレス70kg×3 85kg×1 87.5kg×1 90kg×1 失敗 80kg×4 6月2日 芝 SD50×5 300×1 6月4日 ブルガリアンスクワット(深)49×6×3 6月5 …

高校球児の50m走速過ぎる問題 1

甲子園球児の「50m走」タイムが日本記録超え続出という問題 野球選手に限ったことではないのですが、「50m5秒台の俊足」ってよく聞きますよね。 2018 高校球児 50m走ランキング このサイト見ると …

2019年陸上シーズンインしました

岡山県記録会にてシーズンインしました。 400m 51”87 昨年のシーズンベストが51”34なので初戦としては悪くありません。 寒かったので高校生たちがユニフォーム姿で待機する中、ギリギリまでジャー …

バンニーキルク惜しくも2冠ならず

男子200m決勝はボルト不在ということもあり大混戦となりました。コーナー出口付近では400mとの2冠を狙うバンニーキルク、今季世界最高タイムを持ち食中毒から復活したマクワラ、好調のグリエフ、そして日本 …

冬季練習の定番メニューについて考える1

シーズンも終わり、冬季練習に入っていくわけですが陸上界には冬季練習での定番メニューがあります(冬季限定というわけではないですが) それは坂ダッシュ、砂浜ダッシュ、階段ダッシュの3つです。 僕も冬になる …