陸上競技

レース以外の感覚に慣れすぎないように その2

投稿日:

前回は坂ダッシュなどトラック以外の環境に慣れすぎない方がいいという話でしたが今回はシューズについて書きます。

スパイクとランニングシューズではソールの角度、硬さ、グリップ力が違います。

僕は冬季練習をランニングシューズでこなし、春先になって久々にスパイクを履いたら違和感があります。

シューズでの走りに適応し過ぎているのだと思います。

この違和感が嫌で昨年は冬季練習をスパイクでやってみたら感覚的にはスムーズにシーズンインできました。

ただ距離と本数を抑えても負荷が強すぎたのか、
3月ぐらいから脚に痛みが出てしまいました・・・。

極論を言ってしまえば冬季の走り込みも全てトラックでスパイクを履いて行うのがベストだと思います。

ただしマスターズ世代でこれをやると脚がもちません。

この冬僕がやっている試みは、1本ずつシューズを変えるです。

全てスパイクで走り込みできないのであれば、せめて特定のシューズの感覚に慣れないようにしたいのです。

300mを3本走るのであれば、

1本目は厚底のズームフライ
2本目は薄底のルナスパイダー
3本目にスパイクのズームスーパーフライエリート

という感じです。

坂なら3本目がアディゼロタクミセンブーストになります。

この方法だと特定のシューズに慣れ過ぎないので
今のところスパイクを履いたときに大きな違和感はありません。

違和感無くシーズンインできそうな気がしています。


この冬は、スパイクを合わせると4足のシューズで練習しています。


砂浜用とウエイトトレーニング用を合わせると6足!

この方法だとシューズがたくさん必要なのでお金が掛かりますが、
長い目で見れば1足のシューズをすぐ履きつぶすよりコスパが良いのでは?

今のところソールの減りはありません。

これについては冬季練習が終わった頃にもう一回チェックしてみます。

-陸上競技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ウエイトトレーニング用のシューズとストラップを買いました

はい。 タイトルの通り買いました。 メルカリで。 デッドリフトを10回×3セットやっているんですが、70kgから75kgに負荷上げしたところ握力が限界にきてしまいました。 MAXの重さを1発挙げるぶん …

2019岡山マスターズ陸上選手権大会

岡山マスターズ陸上に出場しました。 200m 23”20 100m 11”82 60m  DNS という結果でした。 100m前にアキレス腱に痛みがあったので、100mを走って本日は終了。 200m  …

日本選手権が始まりました

日本選手権の100mが始まりました。前回、準決勝ぐらいからバチバチの予感と書きましたが予選からバチバチでした。有力選手が同じ組で走ることはありませんでしたが予選から好タイム続出です。   予 …

冬季練習の定番メニューについて考える2

砂浜ダッシュについて 前回に引き続き、今回は冬季練習の定番メニューである砂浜ダッシュについて書いていきます。 まずはメリットから。 砂地はトラックのように接地した時に反発をもらうことが出来ない為、自力 …

no image

かけっこ実践編~1等賞を狙うテクニック~

前回は子どもがかけっこで全力を出せるようになる練習を紹介しました。今回は実際に運動会のかけっこで一等賞を狙うテクニックを紹介します。 一等賞を狙うテクニックなどと自分でハードルを上げてしまいましたが、 …