陸上競技

レース以外の感覚に慣れすぎないように その2

投稿日:

前回は坂ダッシュなどトラック以外の環境に慣れすぎない方がいいという話でしたが今回はシューズについて書きます。

スパイクとランニングシューズではソールの角度、硬さ、グリップ力が違います。

僕は冬季練習をランニングシューズでこなし、春先になって久々にスパイクを履いたら違和感があります。

シューズでの走りに適応し過ぎているのだと思います。

この違和感が嫌で昨年は冬季練習をスパイクでやってみたら感覚的にはスムーズにシーズンインできました。

ただ距離と本数を抑えても負荷が強すぎたのか、
3月ぐらいから脚に痛みが出てしまいました・・・。

極論を言ってしまえば冬季の走り込みも全てトラックでスパイクを履いて行うのがベストだと思います。

ただしマスターズ世代でこれをやると脚がもちません。

この冬僕がやっている試みは、1本ずつシューズを変えるです。

全てスパイクで走り込みできないのであれば、せめて特定のシューズの感覚に慣れないようにしたいのです。

300mを3本走るのであれば、

1本目は厚底のズームフライ
2本目は薄底のルナスパイダー
3本目にスパイクのズームスーパーフライエリート

という感じです。

坂なら3本目がアディゼロタクミセンブーストになります。

この方法だと特定のシューズに慣れ過ぎないので
今のところスパイクを履いたときに大きな違和感はありません。

違和感無くシーズンインできそうな気がしています。


この冬は、スパイクを合わせると4足のシューズで練習しています。


砂浜用とウエイトトレーニング用を合わせると6足!

この方法だとシューズがたくさん必要なのでお金が掛かりますが、
長い目で見れば1足のシューズをすぐ履きつぶすよりコスパが良いのでは?

今のところソールの減りはありません。

これについては冬季練習が終わった頃にもう一回チェックしてみます。

-陸上競技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ここに練習日誌をつけようと思う

学生のころは練習計画を綿密に立てるタイプでしたが、社会人になってからは計画を立てるのはやめました。 ズボラになった訳でも陸上に対する情熱が無くなったわけでもありません。 計画通り練習できない事がものす …

400mにおけるトップスピードの重要性

前回の記事で乳酸耐性能力は頭打ちするので最終的にはスピードが鍵を握るということを書きました。 しかし一般レベルの400mでトップスピードの向上に重点を置いて練習している選手はあまりいないように感じられ …

ウエイトトレーニング用のシューズとストラップを買いました

はい。 タイトルの通り買いました。 メルカリで。 デッドリフトを10回×3セットやっているんですが、70kgから75kgに負荷上げしたところ握力が限界にきてしまいました。 MAXの重さを1発挙げるぶん …

2018年 走り納め

川嶋ノ宮八幡神社の階段で走り納めをしました。 150段を3本 階段自体は久しぶりでしたが、なかなか良い感じでした。 デッドリフトの効果が出たのか今までにないくらい力強さがありましたね。 パワーアップし …

日本選手権100m決勝

本当に楽しみすぎて1日が長かったです。史上最高レベルの日本選手権100m決勝です。もはや風の力を借りなくても9秒台が出そうな予感でしたが・・・直前になって激しい雨。残念です。優勝タイムは10秒1台と予 …