陸上競技

内転筋、傷めました

投稿日:

坂ダッシュで左の内転筋を傷めてしまいました。

走っている最中にピリッときた、みたいのではなく

走り終わってバタ足腹筋している時に気付きました。

夕方に治療に行ったのですがガッツリ傷めてましたね。

位置的には短内転筋、薄筋、もしかしたら恥骨筋もかなという感じです。

股関節を屈曲しても伸展しても痛いので、内転筋群の重要性を実感しているところです。

今回のケガの原因ですが、腹斜筋や広背筋など胴回りの筋肉が硬くなっていたことにあるような気がします。


腹斜筋、張ってました。


広背筋、カチカチでした。

走っていて感じたのは腰(骨盤)の動きが悪いなということ。

骨盤あたりが動かず脚だけで走っている感じ。

そして左脚を前に出すとき脚が外に逃げるような感じがありました。
(今思えば骨盤が動いてないからこうなっていたように思う)

ただ内転筋を含め、脚の筋肉の調子は良かったのでガンガン走ちゃったんですが、

おそらく外に逃げようとする左脚を無理やり内側へ向けようとして内転筋に負担がかかったんだと思います。

形だけ好調時のフォームにしようとしてもいけませんね。

好調時に無意識で出来ていることが出来ないということは何か原因があるわけですから。

さて治療に行って内転筋のついでに胴回りを緩めてもらったので、今は骨盤がよく動きます。

歩いていてもスイスイ脚が前に出てきますね。

調子に乗って競歩するとまだ内転筋が痛いですが・・・。

今回のケガで得た教訓

脚だけじゃなく体幹、上半身の筋肉もちゃんとケアして柔軟性を保つ。

無理にフォームを修正しようとせず、理想の動きにならない原因を考える。

冬季練習も大詰め、同じ失敗を繰り返さないように注意して乗り切ります。

-陸上競技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

400mの選手が辛い走り込みをする意味

前回乳酸を溜める練習だけではそのうちタイムが頭打ちするということを書きました。 今回はその原因について書いていこうと思います。   結論から言って一番の原因はスピードです。 最高速度が向上し …

練習日誌2019.5.21〜5.26

砂浜ダッシュから3日間は筋肉痛が酷くて練習出来ず。 特に内転筋と広背筋がヤバかった。 普通に考えれば硬いサーフェスをスパイクで走った方がダメージは大きいはず、 アキレス腱に不安を覚えてから全力発揮が出 …

超人バンニーキルク、まず1冠

マイケル・ジョンソン氏以来の200m・400m2冠に挑むバンニーキルク選手がまずは400mに登場。まったく危なげなく予選、準決勝を組一着で勝ち上がります。同様にライバルのアイザック・マクワラも順当に勝 …

短距離走の定番練習を考える ウェーブ走

ウェーブ走という練習があります。 その名の通りスピード曲線に波を作るというものです。 加速して減速して再加速して・・・みたいな感じです。 途中で休めるので中学・高校の頃の部活では「楽なメニュー」でした …

日本選手権が始まりました

日本選手権の100mが始まりました。前回、準決勝ぐらいからバチバチの予感と書きましたが予選からバチバチでした。有力選手が同じ組で走ることはありませんでしたが予選から好タイム続出です。   予 …