陸上競技

走り高跳びで戸邉直人選手が日本記録を更新!

投稿日:2019年2月3日

戸辺直人(26)=つくばツインピークス=が室内の日本新記録となる2m35をマークしました。

これまでの室内記録は2006年2月に醍醐直幸が跳んだ2m28で、13年ぶりの記録更新です。

この記録は同じく醍醐選手が保持する屋外の日本記録である2m33を上回るので日本新記録になるのかな?

ちょっとよくわからないのですが、世界大会でメダルが撮れるレベルの大記録をこの時期に跳んでしまうなんて。

2m35の成功跳躍、バーに触れてはいますが身体は2m40ぐらいまで浮いてません?

-陸上競技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

冬季練習の定番メニューについて考える2

砂浜ダッシュについて 前回に引き続き、今回は冬季練習の定番メニューである砂浜ダッシュについて書いていきます。 まずはメリットから。 砂地はトラックのように接地した時に反発をもらうことが出来ない為、自力 …

レース以外の感覚に慣れすぎないように その1

社会人スプリンターの多くが平日は競技場で練習できず、アスファルトやコンクリートの上で練習しています。 中でも路上の坂ダッシュは定番中の定番だと思います。 冬季練習であればあえて競技場のトラックを離れて …

高校球児の50m走速過ぎる問題 1

甲子園球児の「50m走」タイムが日本記録超え続出という問題 野球選手に限ったことではないのですが、「50m5秒台の俊足」ってよく聞きますよね。 2018 高校球児 50m走ランキング このサイト見ると …

2019中国マスターズ陸上記録会

中国マスターズ陸上記録会に出場しました。 60m 7”28 立五段跳び 14m82(M35岡山県新記録?) 60mは前回の経験から時間ギリギリまでアップをせず臨みました。 ややアップ不足な感じがありま …

400mにおけるトップスピードの重要性

前回の記事で乳酸耐性能力は頭打ちするので最終的にはスピードが鍵を握るということを書きました。 しかし一般レベルの400mでトップスピードの向上に重点を置いて練習している選手はあまりいないように感じられ …