陸上競技

足首柔らかすぎる問題

投稿日:


スタンディングスタートからの一歩目。


足首がかなり背屈してしまっています。(つぶれている)

足首の角度がどうこうというより、接地中に足首の角度が変わることが問題なのです。
(接地の瞬間は90度ぐらいなのに、衝撃に負けて写真の角度ぐらいまで曲がってしまう)

接地中に脚首の角度が変わるということはグニュっと力が吸収されてしまい推進力が失われてしまうということです。

僕は特にスタートから加速する局面で足首が固定できません。

足首の角度変位を小さくしてロスをなくしたいのですが、どうしたものか。

地道に足首を鍛えていくしかないのか。

足首を固定=底屈も背屈も鍛えるべきなのか、背屈し過ぎているから底屈だけ鍛えるべきなのか。
(筋肉でいうとスネとふくらはぎの両方を鍛えるか、ふくらはぎのみ鍛えるか)

どちらにしても急には強くなりません。

走り方でどうにかならないかと色々試した結果、スタートの意識を変えることで少し改善できました。

一歩一歩大きな力を加えるようなキックをやめ、体重を支えるだけにしました。

体重+キックの衝撃には負けてしまうけど、体重だけならギリギリ支えられるようです。

加速する為に地面に大きな力を加えたいのは山々なんですが、その力に負けて足首がつぶれてしまうのではプラマイゼロです。(ゼロ以下かも)

今年はこのスタートでいこうと思います。

接地時に足首を固定できたほうが速いのは間違いないので足首はしっかり鍛えます。

-陸上競技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アキレス腱痛1

アキレス腱痛 スプリンターにとってアキレス腱の痛みは非常に厄介です。私の周りでも20代後半からアキレス腱に痛みを抱える選手が急速に増えてくるような印象があります。同世代(30代)で陸上続けている仲間は …

日本選手権が始まりますね

陸上日本選手権が始まりますね。今年も100mは日本人初の9秒台の期待がかかります。当初から注目されている桐生選手、山縣選手、ケンブリッジ選手に加え今期急速に力を付けた多田選手、そして海外で武者修行中の …

陸上競技のフライングのルールについて

先日、桐生選手が海外のグランプリレースでフライングを犯し失格するということがありました。9秒台が期待されていただけにがっかりした方も多いと思います。もちろん桐生選手本人もがっかりした事でしょう。反応時 …

練習日誌 2018/11/19~11/25

11/19 デッドリフト75kg×10×3、100kg×1、105kg×1、107.5kg×1 ベンチプレス47.5kg×10×3 バック懸垂7回×3 11/21 坂ダッシュ 30×3、60×3 10 …

練習日誌2021.4.16〜4.30

4/17 ベンチプレス70kg×3       77.5kg×3×2、4×1 懸垂8×3 バックエクステンション15kg×10×3 4/19 ブルガリアンスクワット116.5×5×3 芝スキップ100 …