冒険 博物館,科学館 愛媛県

マイントピア別子 観光坑道

投稿日:2019年6月16日


船が行ってしまいました。
5分前に。

今日は長男と2人で香川県の多度津港から佐柳島にいく予定でしたが、
父親の時間に対する楽観が過ぎるため本数の少ない船に乗り遅れてしまいました。

父の威厳を取り戻すためスマホで周辺を検索した結果、マイントピア別子という楽しそうなスポットを発見し、少し遠いが向かうことにした。


着きました。
GW真っ只中ということでたくさんの観光客で賑っています。
まずは観光坑道へ向かいます。


観光坑道へは本館2階の駅から列車に乗って行きます。
名物の伊予柑ソフトを食べながら列車待ち。


鉱山鉄道「別子1号」


実際に使用されていた鉱山鉄道を使って観光坑道へ向かいます。
赤い鉄橋は登録有形文化財だそうです。
景色がきれい。


列車を降りると観光坑道。
マスコットの銅太くんがお出迎え。


かつては火薬庫として使われていたそうです。


坑道の中へ。


江戸エリア。
当時の鉱山の様子を人形で再現しています。


なかなかリアルな人形たち。


この小さな人形が動きます。


近代ゾーンでは巨大なジオラマをトロッコが走ります。


なぜか大量の小銭が置かれています。
お賽銭でしょうか。
ご利益がある場所ではないような気がしますが・・・。


誰でしょう、わざわざオモチャの一万円札を置いたのは。


奥まで進むと、なんと鉱山の中にアスレチックが。


自分で操縦できるゴンドラもあります。
たまに止まりますが。


そのほかには地下1000m(笑)行きのエレベーターに乗ったり、


ドリルで岩を砕いたり、


ポンプで水を汲み上げたり、


巨大な岩を持ち上げたり、


銀河鉄道の夜したりなど、めちゃくちゃ遊べます。


坑道を出た先には産業遺構がたくさん。
第四通洞は中には入れませんが前に立つと冷たい風が吹き出しています。


第四通洞から続く錆びた鉄橋。萌え。


奥に見える赤い鉄橋が登録有形文化財の打徐鉄橋。ドイツ製の鉄橋で、明治26年(1893)に架けられたもの。この種の橋は国内にほとんど現存していないそうです。山の緑とのコントラストが美しい。

けっこうたくさん紹介しましたが、観光坑道はマイントピア別子の一部。
長くなりそうなので続きます

マイントピア別子のHP

場所:愛媛県新居浜市立川町707−3

-冒険, 博物館,科学館, 愛媛県

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

砂丘観光リフト

砂の美術館を見て、砂丘の東側も行って見ようと移動していたら、 道路の上を通過するスキー場のリフトのようなものが。 「乗る乗る乗る乗る!」 近くの駐車場に車を停めて上りの駅へ。 駅は砂丘に入ってすぐのと …

天神鯰(天神文化プラザ)

天神文化プラザのエントランス前に口を開けている流木で作られたトンネル。 少し狭いですが大人でも入っていけます。 流木の隙間は結構広いところもありますので小さい子はすり抜けて落ちてしまうかもしれないので …

笠岡市立カブトガニ博物館

恐竜公園に併設されているカブトガニ博物館に行きました。 カブトガニは背面全体が広く甲羅で覆われ、附属肢などはすべてその下に隠れている。名前はこの甲羅に由来し、またその姿の類似からドンガメ、マンゴエイな …

大久野島(うさぎ島)

大久野島(通称:うさぎ島)に行ってきました。 忠海港から船で行きます。 三連休中日の日曜とあってたくさんの観光客。 港の駐車場は満車、桟橋に収まりきらないフェリー待ちの列。 列の後ろの方の人達は乗れず …

マイントピア別子 東平地区

東洋のマチュピチュとい言われる東平(とうなる)地区へはガイド付きの観光バスで行けます。 一応マイカーでも行けるのですが、すれ違いが困難な山道ですのでそれなりに覚悟が必要です。 僕はバスにしておいて正解 …