冒険 博物館,科学館 愛媛県 廃墟

マイントピア別子 東平地区

投稿日:2019年6月24日

東洋のマチュピチュとい言われる東平(とうなる)地区へはガイド付きの観光バスで行けます。
一応マイカーでも行けるのですが、すれ違いが困難な山道ですのでそれなりに覚悟が必要です。
僕はバスにしておいて正解だと思いました。

道中はバスガイドさんが鉱山の歴史について語ってくれますし、景色も良いので退屈しませんでした。


到着。
絶景です。
100年以上も前に、こんな山奥によく造ったなと。


緑の中に赤レンガが映えます。


天空の城ラピュタの序盤、パズーがいた炭鉱の町のような雰囲気です。
あとは犬島にも似てますね。


インクライン(傾斜面を走る軌道)跡に作られた220段の階段を降り、今度は下から遺構を臨みます。


重厚な花崗岩造りの貯鉱庫跡。


小マンプと呼ばれる小さなトンネルの中は、鉱山運搬機器展示場となっています。


男やはりの子はこういうの好きですね。


こちらは東平歴史資料館。


この背負子は鉱山の労働者が背負っていたのと同じぐらいの重さ。
長男は潰れかけました。
小さい子はご注意を。

ガイドさんに付いてグループで見学するのがスタンダードなのですが、
6歳児が鉱山の歴史の話をおとなしく聞くのは無理でして、
資料館から脱走して遺構の方へ行ってしまったのでやむを得ず別行動。
バスの時間には間に合うように駐車場に集合しました。


長男は自由に冒険できて満足のようでしたが、別行動するならガイドさんに一声掛けた方が良いかもしれません。
人数が多かったので別行動しても気付かれてなかったようですが、急にいなくなると心配するかもしれないので。

本館からは距離がありますが、マイントピア別子に行ったなら東平地区にも是非行ってみてください。

マイントピア別子東平地区のHP
東平への行き方も載っていますがバスをお勧めします。

もう少し続きます。

-冒険, 博物館,科学館, 愛媛県, 廃墟

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

笠岡市立カブトガニ博物館

恐竜公園に併設されているカブトガニ博物館に行きました。 カブトガニは背面全体が広く甲羅で覆われ、附属肢などはすべてその下に隠れている。名前はこの甲羅に由来し、またその姿の類似からドンガメ、マンゴエイな …

こうもり塚古墳

こうもり塚古墳とは 吉備の大首長の墓と考えられる前方後円墳で、後円部には棺を納めた横穴式石室があります。 この横穴式石室は、全長19.4mで巨大な石を組み合わせて造られており、岡山県下三大巨石墳の一つ …

満奇洞

昨年夏は井倉洞へ行ったので、今年は新見市にあるもうひとつの鍾乳洞、満奇洞に行きました。 北房ICから約20分ほどで到着(途中はけっこう山道) 連休中ということもあり駐車場は満車に近い状態でした。 鍾乳 …

おかやまファーマーズマーケットノースヴィレッジ

勝央町のノースヴィレッジに行きました。 お目当ては森の中のアスレチック。 大口を開けて子どもを飲み込みそうなトトロがお出迎え。 よく見たら口じゃなくて胸の模様でした。 森の中に大きなアスレチックが組ま …

世界一の観光モノレール 奥祖谷観光周遊モノレールに乗ってきた

世界一の観光用モノレール 徳島の山奥に世界一の観光用モノレールがあるのを知っていますか? 全長4600m 高低差590m 最大傾斜度40度 最頂標高1380m (これら全てが世界一) 長男の「モノレー …