陸上競技

2019中国マスターズ陸上選手権大会

投稿日:2019年8月7日

400m DNS

でした。

アップ完了時点では痛みが和らぎ走れそうな感じでしたが、
レース直前にスパイクを履いて流しをしようとしたら激痛。

どうにもならねぇレベルの激痛で泣く泣く棄権しました。

ここ1か月の練習でもアップ前は痛くても温まれば痛みが和らぎ走れたので、
レースペースで200m~300mを1本だけ走ることはできていました。

1本走った後はアップ前よりも痛みが増していましたが、レースでも1日1本だけなら走れると思っていました。

アップして痛みが和らぐところまではいつも通りだったのですが、最終コールを待っている間に痛みが増してしまいました。

練習ではアップ完了したらすぐに走っていたので分からなかったのですが、痛みが和らいでいる時間は30分程度だったようです。

しかも時間が過ぎれば走ろうが走らまいが痛みが増すという。

痛みが増すのは高負荷で走るからだと考えていたので、レース当日も
アップして痛み緩和→レースを走る→痛み増加という展開は予想していましたが、
時間制限だったとは。

痛恨の誤算でした。

M35の県記録が目前で、達成できるイメージが描けていただけに非常に残念ですが仕方ありません。

現実的に考えて今年中の再チャレンジは厳しそうです。

これ以上アキレス腱に負荷を掛けてしまうと来シーズンにまで影響が出そうですし、
極力練習量を減らしてやってきたので土台となる体力が低下してきています。

秋までにアキレス腱を治療しつつ、基礎体力を戻し、その上にもう一度400mを走る専門的な技術と体力を積み上げるプランが
全くイメージできません。

次のレースは9/8ですが一旦落ち着いて考えようと思います。

-陸上競技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バンニーキルク惜しくも2冠ならず

男子200m決勝はボルト不在ということもあり大混戦となりました。コーナー出口付近では400mとの2冠を狙うバンニーキルク、今季世界最高タイムを持ち食中毒から復活したマクワラ、好調のグリエフ、そして日本 …

レース以外の感覚に慣れすぎないように その2

前回は坂ダッシュなどトラック以外の環境に慣れすぎない方がいいという話でしたが今回はシューズについて書きます。 スパイクとランニングシューズではソールの角度、硬さ、グリップ力が違います。 僕は冬季練習を …

練習日誌2018.11/3~11/11

11/3 坂200m×2(26”1 24”9) 11/5 デッドリフト70㎏10回×3 105㎏×1 ベンチプレス 45㎏10回×3 バック懸垂 5回×3 300m(40”3) 11/6 坂200m× …

超人バンニーキルク、まず1冠

マイケル・ジョンソン氏以来の200m・400m2冠に挑むバンニーキルク選手がまずは400mに登場。まったく危なげなく予選、準決勝を組一着で勝ち上がります。同様にライバルのアイザック・マクワラも順当に勝 …

日本選手権100m決勝

本当に楽しみすぎて1日が長かったです。史上最高レベルの日本選手権100m決勝です。もはや風の力を借りなくても9秒台が出そうな予感でしたが・・・直前になって激しい雨。残念です。優勝タイムは10秒1台と予 …