陸上競技

2019中国マスターズ陸上選手権大会

投稿日:2019年8月7日

400m DNS

でした。

アップ完了時点では痛みが和らぎ走れそうな感じでしたが、
レース直前にスパイクを履いて流しをしようとしたら激痛。

どうにもならねぇレベルの激痛で泣く泣く棄権しました。

ここ1か月の練習でもアップ前は痛くても温まれば痛みが和らぎ走れたので、
レースペースで200m~300mを1本だけ走ることはできていました。

1本走った後はアップ前よりも痛みが増していましたが、レースでも1日1本だけなら走れると思っていました。

アップして痛みが和らぐところまではいつも通りだったのですが、最終コールを待っている間に痛みが増してしまいました。

練習ではアップ完了したらすぐに走っていたので分からなかったのですが、痛みが和らいでいる時間は30分程度だったようです。

しかも時間が過ぎれば走ろうが走らまいが痛みが増すという。

痛みが増すのは高負荷で走るからだと考えていたので、レース当日も
アップして痛み緩和→レースを走る→痛み増加という展開は予想していましたが、
時間制限だったとは。

痛恨の誤算でした。

M35の県記録が目前で、達成できるイメージが描けていただけに非常に残念ですが仕方ありません。

現実的に考えて今年中の再チャレンジは厳しそうです。

これ以上アキレス腱に負荷を掛けてしまうと来シーズンにまで影響が出そうですし、
極力練習量を減らしてやってきたので土台となる体力が低下してきています。

秋までにアキレス腱を治療しつつ、基礎体力を戻し、その上にもう一度400mを走る専門的な技術と体力を積み上げるプランが
全くイメージできません。

次のレースは9/8ですが一旦落ち着いて考えようと思います。

-陸上競技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

走り高跳びで戸邉直人選手が日本記録を更新!

戸辺直人(26)=つくばツインピークス=が室内の日本新記録となる2m35をマークしました。 これまでの室内記録は2006年2月に醍醐直幸が跳んだ2m28で、13年ぶりの記録更新です。 この記録は同じく …

練習日誌 2018/11/19~11/25

11/19 デッドリフト75kg×10×3、100kg×1、105kg×1、107.5kg×1 ベンチプレス47.5kg×10×3 バック懸垂7回×3 11/21 坂ダッシュ 30×3、60×3 10 …

レース以外の感覚に慣れすぎないように その1

社会人スプリンターの多くが平日は競技場で練習できず、アスファルトやコンクリートの上で練習しています。 中でも路上の坂ダッシュは定番中の定番だと思います。 冬季練習であればあえて競技場のトラックを離れて …

足首は硬い方が速い

先日日本人初の9秒台をマークした桐生選手ですが、足首が非常に硬いという記事が出ていました。これが欠点としてではなく速さの秘訣として紹介されていました。スポーツをする上で足首が硬いということは欠点のよう …

2019シーズンに向けた冬季練習のテーマ

9月末の全日本マスターズで2018年のシーズンを終了し、10月には行ってからは色々と試したり確認したりしています。 2019年の目標として400mで49秒台。 2018年のシーズンベストが51秒32な …