陸上競技

2019中国マスターズ陸上記録会

投稿日:2019年9月8日

中国マスターズ陸上記録会に出場しました。

60m 7”28
立五段跳び 14m82(M35岡山県新記録?)

60mは前回の経験から時間ギリギリまでアップをせず臨みました。

ややアップ不足な感じがありましたが痛みが和らいでいる間に走り終えることができました。

記録は6年前に出した自己ベストまで0.1秒でした。

スピード練習など2カ月ぐらいやっていなかったので意外な結果です。

ちょっとだけ練習した高く飛び出すスタートが良かったのかもしれません。

スムーズに加速できました。

立五段は60mの直後だったのでアキレス腱の痛みが戻ってくる前に3本跳ぶことができました。

着地位置より後ろに手を着いてしまうロスがありましたが2本目に14m82。

3本目は15mを狙っていきましたが、もう力が出ず14m40。


まさかの段跳びでガス欠。

まあアキレス腱痛を悪化させることなく終われて良かったです。

学生時代のコントロールテストで非公式ですが立五段跳びの自己ベストは15m98です。

シューズやサーフェスの条件は大体同じなので5歩で1m以上、1歩あたり20cm以上記録が落ちています。

15年ぐらい前の事なのでハッキリとした感覚が残っているわけではありませんが、
もっと加速していく感覚があった気がします。

1歩目低く飛び出し→2歩目→3歩目と加速しながら重心が上がっていく、というような感覚があまり得られず、
ずっと低空飛行でした。

着地した時に体重が支えられず重心が下がる。

動きが速いので認識できないだけで走っている時も同じことが起こっているのではないかと思います。

年々ストライドが小さくなってきていますから。

なんとなく分かってはいたんですが、「体重を支えられていない」ということをハッキリ体感できたということは大きな収穫でした。

-陸上競技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

高校球児の50m走速過ぎる問題 2

前回は電気計測と手動計測でどのくらいタイム差がでるのかという事について書きました。 手動計測を電気計測に換算するにはタイムの100分の1は切り上げて0.24秒プラスする必要があるという話でした。 では …

全日本マスターズ陸上2018

5年ぶりに全日本マスターズ陸上に出場しました。 35歳~39歳クラスの400mです。 練習できていない 先日三男が生まれてバタバタしていたら三週間以上全く練習できず。 6年前長男が生まれた直後に出場し …

日本人初の9秒台は誰か?

日本人初の100m9秒台は誰か? 1998年に伊東浩司選手が10秒00をマークし、日本人初の9秒台が期待されてから早20年。出そうでなかなか出ない9秒台ですが昨年あたりから10秒0~1台の記録が連発さ …

練習日誌2021.4.1〜4.15

4/2 筋肉体操(腕立て伏せ) 武田真治と同じペースで出来た ベンチプレス70kg×2       75kg×2       80kg×1       82.5kg×1       85kg×1 ワイ …

ふくらはぎのケガから考えられること

12/9は早朝から砂浜に出向いてダッシュしたんですけど、 途中で右ふくらはぎの下部に痛みが出たので途中で練習を中止しました。 せっかく早朝から遠くまで出てきたから最後までやろう!と変に根性を出さなくな …

2021/06/14

夫婦岩

2021/06/08

豊島

2021/06/06

河原城

2021/06/01

練習日誌2021.5.16〜5.31

2021/05/28

宇野港