陸上競技

2019中国マスターズ陸上記録会

投稿日:2019年9月8日

中国マスターズ陸上記録会に出場しました。

60m 7”28
立五段跳び 14m82(M35岡山県新記録?)

60mは前回の経験から時間ギリギリまでアップをせず臨みました。

ややアップ不足な感じがありましたが痛みが和らいでいる間に走り終えることができました。

記録は6年前に出した自己ベストまで0.1秒でした。

スピード練習など2カ月ぐらいやっていなかったので意外な結果です。

ちょっとだけ練習した高く飛び出すスタートが良かったのかもしれません。

スムーズに加速できました。

立五段は60mの直後だったのでアキレス腱の痛みが戻ってくる前に3本跳ぶことができました。

着地位置より後ろに手を着いてしまうロスがありましたが2本目に14m82。

3本目は15mを狙っていきましたが、もう力が出ず14m40。


まさかの段跳びでガス欠。

まあアキレス腱痛を悪化させることなく終われて良かったです。

学生時代のコントロールテストで非公式ですが立五段跳びの自己ベストは15m98です。

シューズやサーフェスの条件は大体同じなので5歩で1m以上、1歩あたり20cm以上記録が落ちています。

15年ぐらい前の事なのでハッキリとした感覚が残っているわけではありませんが、
もっと加速していく感覚があった気がします。

1歩目低く飛び出し→2歩目→3歩目と加速しながら重心が上がっていく、というような感覚があまり得られず、
ずっと低空飛行でした。

着地した時に体重が支えられず重心が下がる。

動きが速いので認識できないだけで走っている時も同じことが起こっているのではないかと思います。

年々ストライドが小さくなってきていますから。

なんとなく分かってはいたんですが、「体重を支えられていない」ということをハッキリ体感できたということは大きな収穫でした。

-陸上競技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

冬季練習の定番メニューについて考える1

シーズンも終わり、冬季練習に入っていくわけですが陸上界には冬季練習での定番メニューがあります(冬季限定というわけではないですが) それは坂ダッシュ、砂浜ダッシュ、階段ダッシュの3つです。 僕も冬になる …

足首は硬い方が速い

先日日本人初の9秒台をマークした桐生選手ですが、足首が非常に硬いという記事が出ていました。これが欠点としてではなく速さの秘訣として紹介されていました。スポーツをする上で足首が硬いということは欠点のよう …

山縣選手復活の10”00

足首を傷めて日本選手権は惨敗だった山縣選手が全日本実業団の100m決勝で10秒00(+0.2)をマークして優勝しました。 先日桐生選手が9秒98をマークした際は追風1.8mでしたので単純比較はできない …

2019シーズンに向けた冬季練習のテーマ

9月末の全日本マスターズで2018年のシーズンを終了し、10月には行ってからは色々と試したり確認したりしています。 2019年の目標として400mで49秒台。 2018年のシーズンベストが51秒32な …

日本選手権100m決勝

本当に楽しみすぎて1日が長かったです。史上最高レベルの日本選手権100m決勝です。もはや風の力を借りなくても9秒台が出そうな予感でしたが・・・直前になって激しい雨。残念です。優勝タイムは10秒1台と予 …