陸上競技 シューズ

サイバーステルス

投稿日:

ふと思い出して昔履いていたスパイクの事を書いてみます。

これ。

アシックスのサイバーステルス

既に生産は終了しており、ヤフオクやメルカリでたまに見かける程度、
希望のサイズと色のものを新品で入手するのは困難になっています。

僕が購入したのは2004年だったと思います。

まさに写真のモデルで鮮やかなメタリックオレンジ。

今見てもカッコイイ・・・。

当時こんな派手なスパイクは無かったので目立ちましたね。

確かこの初期モデルは何百足かの限定カラーでした。

5年程履きましたが、二十代後半にして足のサイズが27.5から28.0に成長してしまい履けなくなりました。

残念ながらこの時にはもうサイバーステルスは生産終了していました。

僕自身はとても気に入っていたのですが、賛否両論あるスパイクでした。
(否が多かったような・・・だから終了したのかな)

もはや検索してもあまりヒットしないので曖昧な記憶で書いていますが、
パワーロスゼロを目指したサイバーゼロの進化版でパワープラスというコンセプトだったと思います。


ソールが二種類の素材で構成されておりピンのある前足部は反発力がある剛性の強い素材、中足部は屈曲性に優れた素材というものでした。
これがすごく良くて中足部は動きに合わせて屈曲するのに接地する前足部は硬くてしっかり反発があるのです。
全部柔らかければ反発が得られないけど、全部硬いプレートだと僕のような筋力が弱く体重の軽いタイプではしならせることが出来ず結果反発を得られません。
(それでも硬すぎるという声がありましたが)
ピンも固定ピン3本に取り換え可能3本の合計6本という当時としては珍しい少なさ。
本当に必要最小限という感じ。

アッパーはベルト締めで足の甲で交差してヒールカップをグッと踵に引き付ける事が出来るのでフィット感が素晴らしかったです・・・僕にとっては。
僕は足の大きさの割に踵が小さいので本当に感動するほどのフィット感だったのですが人によってはワイヤーがめり込んで痛いとか靴擦れするという話も聞きました。

その後ほぼ同じソールで紐タイプのSPステルスが発売されたのでアッパーは合わない人が多かったけど
ソールに関してはメーカーも手応えがあったのかもしれません。

僕はこのスパイクで100mと400mの自己ベスト(200mはセカンドベストだが無風で神風の自己ベストに迫った)を出しています。
当時の僕の走り方や足の形状にジャストフィットなスパイクでした。

-陸上競技, シューズ

執筆者:


  1. 名無しさん より:

    メルカリでサイバーステルス28cmの新品が出品されてました(*^^*)

    • motomitsuogo より:

      今でもたまに発掘されますよね。
      気を付けなければいけないのが、新品でも経年劣化があるということです。
      見た目は綺麗でも接着剤が剥がれやすくなっていたりして履くとすぐに破損してしまうパターンがありました。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日本人初の9秒台は誰か?

日本人初の100m9秒台は誰か? 1998年に伊東浩司選手が10秒00をマークし、日本人初の9秒台が期待されてから早20年。出そうでなかなか出ない9秒台ですが昨年あたりから10秒0~1台の記録が連発さ …

バンニ-キルクは200m・400mの2冠に挑戦

以前「すごすぎる」と紹介した南アフリカのバンニーキルク選手ですが400mだけでなく200mにも出場するようです。200m・400mの2冠となればあのマイケル・ジョンソン氏以来の快挙となります。今大会は …

400mにおけるトップスピードの重要性

前回の記事で乳酸耐性能力は頭打ちするので最終的にはスピードが鍵を握るということを書きました。 しかし一般レベルの400mでトップスピードの向上に重点を置いて練習している選手はあまりいないように感じられ …

ウインドスプリント2

ウインドスプリント2を買いました。 ウインドスプリント1はベルトタイプが主流でしたが今回はシューレースタイプ。 アッパーはHL-0メッシュで見た目はメタスプリントやソニックスプリントエリート2をはじめ …

ここに練習日誌をつけようと思う

学生のころは練習計画を綿密に立てるタイプでしたが、社会人になってからは計画を立てるのはやめました。 ズボラになった訳でも陸上に対する情熱が無くなったわけでもありません。 計画通り練習できない事がものす …