栄養・食事

ココナッツオイル

投稿日:2019年11月3日

頭脳労働がメインのビジネスマンにココナッツオイルをお勧めします。

ココナッツオイルの成分の約6割が中鎖脂肪酸です。

中鎖脂肪酸は腸管からの吸収が早く、肝臓で代謝されケトン体という物質に変化します。

このケトン体が脳に運ばれ神経細胞のエネルギーになるのです。

またココナッツオイルにはラウリン酸という中鎖脂肪酸の一種が含まれています。

ラウリン酸は免疫力を高め感染症を予防する効果があります。

ココナッツオイルを選ぶ際のポイントですが、多少割高でも低温抽出(コールドプレス)の物を選んで下さい。

「エクストラバージン」の表記があればOKです。

高温処理されたものには有害なトランス脂肪酸が含まれるからです。

摂取方法ですが、朝のコーヒーに小さじ一杯加えるのがお勧めです。


カフェオレに溶かすと豚骨スープみたいに見えますが・・・味、風味は悪くないです。

多少唇にオイル感が残りますがリップクリーム代わりだと思って下さい。

あとはレトルトカレーに混ぜると何だか本格的な味になるのでこちらもやってみて下さい。

基本的に熱すると溶けて冷えると固まるので温かいものには溶けやすいですが、冷たいものには溶けません。

冷えたヨーグルトに混ぜると固まってパリパリになりましたが、この食感、僕は嫌いじゃないです。

-栄養・食事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

果汁100%は体に良いのか?

果汁100%のジュースが体に良いと思われている方は結構いると思うんですが、それは違います。 僕も若い頃はそう思っていて、コーラなどの清涼飲料水は控えながら100%のオレンジジュースなどは割とガブ飲みし …

ベジファーストについて

ベジファーストという言葉をご存知でしょうか? このオレがナンバーワンだ ではなく、 野菜から先に食べるという食事法のことです。 食物繊維を先に食べることで、脂肪の吸収や血糖値の上昇を抑える効果があると …