陸上競技 シューズ

NIKE エアズームアルファフライネクスト%

投稿日:2020年2月8日

世界陸連による新たなシューズの規制が発表されてわずか一週間。

NIKEが新ルールの基準を満たす厚底シューズを発表しました。

非公式ながら人類初のマラソン2時間切りを達成した際に使用された「アルファフライ」を東京オリンピックで使用しようとした場合、

新ルールのうち、

●靴底の厚さは4センチ以下。

●靴底に埋め込むプレートは1枚まで。

●今年4月30日以降の大会では、4カ月以上前から市販されているものでなくてはならない。

という3つが引っ掛かるのですが、

技術的な基準をクリアし、オリンピックの4ヶ月前までに市販できそうなタイミングです。

厚みやプレートの枚数などは一週間前の新ルール発表を聞いてから対応したとは思えないので、
色々と悪い想像してしまうところですね・・・。

こちらが発表された新厚底シューズ「エアズームアルファフライネクスト%」

ヴェイパーフライ ネクスト%と比べて、一目でわかる大きな違いは前足部のズームエア ポッド。

昔のエアマックスシリーズのようなビジブルエアのデザインです。

ソールの厚さ39㎜は、世界陸連の新ルールである「40mm以下」、カーボンプレートも1枚(キプチョゲ選手が2時間切りで使用したプロトタイプには3枚)となっています。

アッパーはヴェイパーウィーブから「アトムニット」という名のTPUの糸を編んだ素材に変更。通気性、サポート性が高く、水にも強いらしいです。


カーボンプレートもビジブルのデザインに。

前足部の幅が広がっているので安定性が増していると思われます。


アルファフライの目玉である「ズームエアポッド」

高圧のエアバッグ内に伸張性の高い繊維を内蔵した構造。

着地の瞬間に繊維が圧縮されて衝撃を吸収し、瞬間的に元の形状に戻ろうとすることで反発性を生むとのこと。

衝撃吸収と推進力の増幅を兼ねた画期的なシステムです。

ヴェイパーフライのズームXフォームよりも耐久力があるらしいです。

カーボンプレートを3枚搭載したプロトタイプほどではないにせよ、凄いシューズである事は間違いありません。

NIKE以外のメーカーも打倒NIKEのシューズを開発しているところですが、
新ルールの「大会4ヶ月前までに市販」によってかなり厳しい状況になると予想されます。

NIKEにとって逆風かと思われたルール改正も結局は追い風になっています。

東京オリンピックもNIKEの圧勝で終わるのか?

-陸上競技, シューズ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ナイキ ズームスーパーフライエリート2

ナイキからズームスーパーフライエリート2が発表になりました。 カラーリングはアルファフライと同じですね。 ピンの配置やプレートの仕様に変更はなさそうです。 確かにソールが硬くなっている印象。早く履いて …

400mにおけるトップスピードの重要性

前回の記事で乳酸耐性能力は頭打ちするので最終的にはスピードが鍵を握るということを書きました。 しかし一般レベルの400mでトップスピードの向上に重点を置いて練習している選手はあまりいないように感じられ …

練習日誌2018.12.3~12.9

12/4 ウエイト     デッドリフト80kg×10×3           100kg×1、105kg×1、110kg×1     ベンチプレス50kg×10×3     バック懸垂7回×3    …

バンニーキルクがすごすぎる

昨年のリオ五輪、男子400mで不滅といわれたマイケル・ジョンソン世界記録を更新した南アフリカのバンニーキルク。今年もその勢いが止まりません。世界選手権の400mでは人類が43秒の壁を破る瞬間を目撃する …

山縣選手復活の10”00

足首を傷めて日本選手権は惨敗だった山縣選手が全日本実業団の100m決勝で10秒00(+0.2)をマークして優勝しました。 先日桐生選手が9秒98をマークした際は追風1.8mでしたので単純比較はできない …