陸上競技 シューズ

NIKE エアズーム ヴァイパーフライ

投稿日:2020年2月9日

マラソンシューズのアルファフライネクスト%と同時に短距離用のスパイクも発表されました。

世間の話題は厚底のアルファフライですが、短距離選手の自分としてはこっちが気になります。

こちらがNIKEの短距離用新スパイク「エアズーム ヴァイパーフライ」

未来のスパイク来ましたという感じ。


エアバック入ってます。

よく見るとアルファフライよりは薄いエアバックです。

短い接地時間でも反発がもらえるように薄くしていると思われます。

カーボンプレート採用とのことなので、
カーボンの下にエアバック、その下に硬質プラスチックなのでしょうか?
(カーボンは1枚までなので、両方カーボンプレートだと違反)

なんかすき間あいてるし・・・。

昔あったモンスターフライ思い出しました。

↑モンスターフライ(先を行き過ぎたのか全く理解されず一瞬で消えたスパイク)


アッパーはアルファフライと同じくアトムニットですね。

フィット感良さそう。

謎なのが踵の形状。

厚底シューズと同じようなクッション入ってる?

前足部で着地してプレートとエアバックが潰れて、
この踵の部分が地面に着くか着かないかぐらいでビヨーンと跳ね返る・・・のかな?

これも東京オリンピックで使用できるように4ヶ月前には市販するのでしょうか。

現時点ではわかりませんが、ぜひ履いてみたいですね(履きこなせるかは別として)


ちなみにこちらは中長距離用スパイクの「エアズーム ヴィクトリー」

やはりズームエアを採用。

2020年はスパイクの常識が変わるのか。

トラックでもNIKE旋風が吹き荒れる予感がします。

-陸上競技, シューズ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

asics グライドライド

アシックスの厚底シューズ、グライドライドを履いてみたので感想を書きます。 これ。 形状はもう、そのまんまズームフライですね。 価格も16000円とズームフライと同じ。 もうズームフライに対するカウンタ …

記憶に残るフライング

記憶に残るフライングBEST3(私が勝手に選びました) ジョン・ドラモンド選手(2003年 パリ世界陸上・100m2次予選) フライング後の2度目のスタートでフライング判定をうけたドラモンド選手は「I …

アキレス腱痛1

アキレス腱痛 スプリンターにとってアキレス腱の痛みは非常に厄介です。私の周りでも20代後半からアキレス腱に痛みを抱える選手が急速に増えてくるような印象があります。同世代(30代)で陸上続けている仲間は …

no image

かけっこ実践編~1等賞を狙うテクニック~

前回は子どもがかけっこで全力を出せるようになる練習を紹介しました。今回は実際に運動会のかけっこで一等賞を狙うテクニックを紹介します。 一等賞を狙うテクニックなどと自分でハードルを上げてしまいましたが、 …

no image

2019中国マスターズ陸上選手権大会

400m DNS でした。 アップ完了時点では痛みが和らぎ走れそうな感じでしたが、 レース直前にスパイクを履いて流しをしようとしたら激痛。 どうにもならねぇレベルの激痛で泣く泣く棄権しました。 ここ1 …