陸上競技 シューズ

NIKE エアズーム ヴァイパーフライ

投稿日:2020年2月9日

マラソンシューズのアルファフライネクスト%と同時に短距離用のスパイクも発表されました。

世間の話題は厚底のアルファフライですが、短距離選手の自分としてはこっちが気になります。

こちらがNIKEの短距離用新スパイク「エアズーム ヴァイパーフライ」

未来のスパイク来ましたという感じ。


エアバック入ってます。

よく見るとアルファフライよりは薄いエアバックです。

短い接地時間でも反発がもらえるように薄くしていると思われます。

カーボンプレート採用とのことなので、
カーボンの下にエアバック、その下に硬質プラスチックなのでしょうか?
(カーボンは1枚までなので、両方カーボンプレートだと違反)

なんかすき間あいてるし・・・。

昔あったモンスターフライ思い出しました。

↑モンスターフライ(先を行き過ぎたのか全く理解されず一瞬で消えたスパイク)


アッパーはアルファフライと同じくアトムニットですね。

フィット感良さそう。

謎なのが踵の形状。

厚底シューズと同じようなクッション入ってる?

前足部で着地してプレートとエアバックが潰れて、
この踵の部分が地面に着くか着かないかぐらいでビヨーンと跳ね返る・・・のかな?

これも東京オリンピックで使用できるように4ヶ月前には市販するのでしょうか。

現時点ではわかりませんが、ぜひ履いてみたいですね(履きこなせるかは別として)


ちなみにこちらは中長距離用スパイクの「エアズーム ヴィクトリー」

やはりズームエアを採用。

2020年はスパイクの常識が変わるのか。

トラックでもNIKE旋風が吹き荒れる予感がします。

-陸上競技, シューズ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NIKE ズームストリーク6

ズームストリーク6を購入しました。 これです。 ズームフライ3があまりにも弾んでアシストしてくるので、これに慣れ過ぎてはイカンと思い薄底タイプにしました。 裏面。 短距離のスパイクと同じデザインで柔ら …

バンニーキルク惜しくも2冠ならず

男子200m決勝はボルト不在ということもあり大混戦となりました。コーナー出口付近では400mとの2冠を狙うバンニーキルク、今季世界最高タイムを持ち食中毒から復活したマクワラ、好調のグリエフ、そして日本 …

冬季練習の定番メニューについて考える2

砂浜ダッシュについて 前回に引き続き、今回は冬季練習の定番メニューである砂浜ダッシュについて書いていきます。 まずはメリットから。 砂地はトラックのように接地した時に反発をもらうことが出来ない為、自力 …

メタスプリント

アシックスからピンレススパイクが発売されます。 その名もメタスプリント 昨年から桐生選手が使用していたのでジェット●●的な名前かと思ったんですが。 見た目にはソニックスプリントエリート2とほぼ同じです …

記憶に残るフライング

記憶に残るフライングBEST3(私が勝手に選びました) ジョン・ドラモンド選手(2003年 パリ世界陸上・100m2次予選) フライング後の2度目のスタートでフライング判定をうけたドラモンド選手は「I …