陸上競技 シューズ

メタスプリント

投稿日:2020年3月31日

アシックスからピンレススパイクが発売されます。
その名もメタスプリント
昨年から桐生選手が使用していたのでジェット●●的な名前かと思ったんですが。


見た目にはソニックスプリントエリート2とほぼ同じです。
Stepのお兄さん情報だとジェットスプリントに近いフラットなモデルとのことだったのですが、写真を見る限りはソニックスプリントエリート2に近い傾斜ですね。


アッパーはHL-Oメッシュ
これはソニックスプリント2を試着した時に感動しました。
フィット感がめちゃくちゃ良いです。
足に吸い付く感じ。
ぴったりフィットするのに痛くない。


ソニックスプリントエリート2との違いは完全なピンレススパイクであること。
公式サイトによるとカーボンプレート採用しているとのこと。


スパイクピンではなく、このハニカム構造の突起で地面を捉えます。
これによりピンの抜け抵抗によるエネルギーロスを軽減します。

待った・・・。
僕はこういうスパイクを20年待ったいたのです。
理由はtweetにもあるように面で捉えたいからです。
長いピンだと点で捉えるような感触になるので新しいスパイクを買うときはいつも長距離用の短いピンに付け替えていました。
それでも足りずピンを削ったり外してみたりと色々やりましたね。

実際にシューズでレースを走ったことはないけど、長年スパイクピンが無いほうが自分の走りには合っている気がしていました。

4月17日発売予定とのことですが、日本で4店舗のみの取り扱いで価格は未定。
しょっぱなの入手は困難かもしれません。

カーボンプレート仕様ということなのでアラフォーの脚で履きこなせるかどうかの問題もありますが、絶対履いてみたいモデルです。

-陸上競技, シューズ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

400mにおけるトップスピードの重要性

前回の記事で乳酸耐性能力は頭打ちするので最終的にはスピードが鍵を握るということを書きました。 しかし一般レベルの400mでトップスピードの向上に重点を置いて練習している選手はあまりいないように感じられ …

400mの選手の練習といえば「ケツワレ」練習

今日は400mの専門的な練習について書いていこうと思います。   400mはとにかく過酷な競技です。世界トップレベルの選手でさえラスト100mは苦しさに表情が歪み、ゴール後はトラックに倒れこ …

バンニーキルクがすごすぎる

昨年のリオ五輪、男子400mで不滅といわれたマイケル・ジョンソン世界記録を更新した南アフリカのバンニーキルク。今年もその勢いが止まりません。世界選手権の400mでは人類が43秒の壁を破る瞬間を目撃する …

ウサイン・ボルト敗れる そして衝撃の幕切れ

男子100m決勝、スタートで大きく出遅れたボルト選手は後半に怒涛の追い上げを見せ隣のレーンのコールマン選手に追いつく寸前でフィニッシュとなりました。肉眼でもわずかに届かなかったのがわかりました。あ~惜 …

陸上競技のフライングのルールについて

先日、桐生選手が海外のグランプリレースでフライングを犯し失格するということがありました。9秒台が期待されていただけにがっかりした方も多いと思います。もちろん桐生選手本人もがっかりした事でしょう。反応時 …