シューズ

メタスプリントを履いてみての感想

投稿日:2020年7月15日


念願のメタスプリントを手に入れました。

ソニックスプリント2と同じ仕様なのでわかっていましたが、やはりHL-0メッシュとダイナラップによるフィット感は素晴らしいです。
足に吸い付いてきます。
その分紐をしっかり緩めないと足がうまく入りません。
面倒でも毎回紐はしっかり緩めて履くべきです。

プレートの角度はジェットスプリントとソニックスプリント2の間ぐらいです。
フルカーボンのプレートはめちゃくちゃ硬く手で曲げようとしてもほとんど曲がりません。
無理に曲げると折れるんじゃないかという感じ。
かつて履きこなせなかったアディゼロプライムSPより硬いんじゃないかと不安になりました。(というより半分諦めた)
しかし走ってみての感想ですが、恐ろしく硬いプレートなのに走るとちゃんと屈曲しました。
よく見ると中足部よりも前足部はプレートが薄くなっていて、スタートダッシュの時は足の形に合わせてしっかり曲がってくれます。
反発力は凄いです。

グリップ力ですが、結論から言うと問題ありません。
ピンレスとはいえシューズとは明らかに違い、しっかりグリップします。
ピン(点)と面の中間ぐらい、肉球で捉えている感じです。
コーナーでも滑りません、と言うか余計な抵抗がなくコーナーが非常に走りやすいです。
説明書には雨の日はグリップ力が担保出来ません的なことが書かれていますが、濡れたトラックでも滑ることはありませんでした。
トラックに水が浮くぐらいの土砂降りだとわかりませんが・・・。

走っていて滑ることは無いのですがスタブロにセットする時、ズレやすいとは感じました。
僕はつま先が少しトラックに乗るようにセットするので問題ないのですが、足を全部スタブロに乗せてセットする方はずり落ちる可能性があります。
これはスタブロとの相性もあるかと思いますが。

後ろから足裏を蹴られたように脚が前に出ます。
しかし脚を前に出す方向(股関節屈曲)へのアシストが強い分、脚を引き戻す方向(股関節伸展)への力が追いて来れなくなってしまう感じです。
初日は流しでの段階でハムが張ってしまいました。
何本か120mを走り、タイム的には9割の出力でこれまでの全力と同じタイムが出ます。
これはロングスプリントでの恩恵が非常に大きいのではないかと思います。
しかし今のところ肉離れが怖くて全力疾走出来ていません。
このシューズのポテンシャルを最大限引き出すには自分自身をもっと鍛えないといけないようです。

まとめると、
・フィット感が素晴らしい
・プレートが硬く反発力が凄い
・グリップ力は問題なく滑らない
・トップレベルでなくても履けるが、レベルが高い選手はより恩恵を受けられると思う
といった感じです。

-シューズ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ズームスーパーフライエリート

スパイクをNIKEのズームスーパーフライエリートに換えました。 現行のモデルではなく2016リオ五輪カラー ソールがもはやアート。 こんなに肉抜きして強度は大丈夫なのかという印象ですが、手で曲げてみた …

メタスプリント

アシックスからピンレススパイクが発売されます。 その名もメタスプリント 昨年から桐生選手が使用していたのでジェット●●的な名前かと思ったんですが。 見た目にはソニックスプリントエリート2とほぼ同じです …

箱根駅伝で圧勝したNIKEヴェイパーフライ

2020年の箱根駅伝は往路復路ともにNIKEの圧勝だった。 昨年、出場選手の40%が着用して話題となった厚底シューズ「ヴェイパーフライ」 今年はなんと84%の選手が着用するという異常事態。 もはやヴェ …

NIKE ズーム400

練習用にNIKEのズーム400を購入しました。 こちらです。 見た目はズームスーパーフライエリートと変わりません。 裏もほぼ同じデザインなのですがソールにクッションを一枚挟んであります。 あとピンが1 …

サイバーステルス

ふと思い出して昔履いていたスパイクの事を書いてみます。 これ。 アシックスのサイバーステルス 既に生産は終了しており、ヤフオクやメルカリでたまに見かける程度、 希望のサイズと色のものを新品で入手するの …