シューズ

NIKE メトコン

投稿日:2020年12月23日

ウエイトトレーニング用のシューズとして3ヶ月ほどNIKEのメトコンを使っています。


こちら。
メトコン4です。
現在はメトコン6まで発売されているので2代前のモデルですがアーミーなカラーが気に入って購入しました。
なんだか強くなれそうです。


ソールはこんな感じ。
とてもグリップ力が強いです。
ほぼフラットのペタンコシューズでめちゃくちゃ硬いという訳ではありませんがクッション性はありません。
クッションが無い分、非常に安定感があります。

初めてウエイトトレーニング専用のシューズを使ってみたのですが、ウエイトトレーニングは絶対ウエイトトレーニング用のシューズを履いた方がいいです。
まず安定感が全然違います。
柔らかいクッションが入ったランニングシューズ等は衝撃を和らげてくれますが、柔らかい分安定しません。
特にブルガリアンスクワットなどの片脚系の種目では不安定になります。
あえて不安定にしてトレーニング効果を上げる方法もありますが、高重量を扱う場合に膝や足首が不安定になると怪我につながるので安定性を重視すべきです。
安定感のある薄いシューズの方が発揮できる力も大きくなり、
余計なクッションがないので力がダイレクトに床に伝わります。

ウエイトトレーニング用以外のシューズだったらアシックスのウインドスプリントが最高ですが、あのシューズは本来の最高の使い方がありますし、屋外・室内兼用にした場合に靴裏に挟まった小石で床を傷つけてしまう恐れがあります。(土で使用してなければいけるか)

ガンガンにスクワットジャンプなどの種目をやるなら多少クッションがあった方が良いのかもしれませんが、スクワット、デッドリフト、ランジ系の種目を高重量でしっかりやる場合はウエイトトレーニング用のシューズがお勧めです。

-シューズ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ズームスーパーフライエリート

スパイクをNIKEのズームスーパーフライエリートに換えました。 現行のモデルではなく2016リオ五輪カラー ソールがもはやアート。 こんなに肉抜きして強度は大丈夫なのかという印象ですが、手で曲げてみた …

NIKE エアズーム ヴァイパーフライ

マラソンシューズのアルファフライネクスト%と同時に短距離用のスパイクも発表されました。 世間の話題は厚底のアルファフライですが、短距離選手の自分としてはこっちが気になります。 短距離のスパイクにAir …

メタスプリントを履いてみての感想

念願のメタスプリントを手に入れました。 ソニックスプリント2と同じ仕様なのでわかっていましたが、やはりHL-0メッシュとダイナラップによるフィット感は素晴らしいです。 足に吸い付いてきます。 その分紐 …

サイバーステルス

ふと思い出して昔履いていたスパイクの事を書いてみます。 これ。 アシックスのサイバーステルス 既に生産は終了しており、ヤフオクやメルカリでたまに見かける程度、 希望のサイズと色のものを新品で入手するの …

asics グライドライド

アシックスの厚底シューズ、グライドライドを履いてみたので感想を書きます。 これ。 形状はもう、そのまんまズームフライですね。 価格も16000円とズームフライと同じ。 もうズームフライに対するカウンタ …