シューズ

アディゼロボストン10

投稿日:

今回はアディゼロボストン10について。
ボストン9からは大幅にモデルチェンジされて別物となっております。


かなりゴツくなった印象。
ランニングシューズというよりスニーカーのような出立ちです。
アッパーは外側のセラーメッシュ2.0というスケスケの軽量素材で内側のエンジニアードメッシュアッパーを覆う構造です。
通気性が良くソックスのような優しいフィット感があります。
爪先やシューレース周りはスエードっぽい素材でしっかり補強されていて耐久力が高そうです。


かかと部分の生地は肉厚でヒールカップも硬めでしっかりしていてホールドしてくれます。
シュータンが中に巻き込まれない構造なのも良いです。


厚みはヒール:39.8mm / 前足部:31mm でドロップが8.8mm
安定感のあるライトストライクEVAの上に柔らかく反発弾性があるライトストライクプロを乗せた二重構造となっており、2種類のクッションの間に反発性を増すグラスファイバー製の5本指『エナジーロッド』を搭載しています。


裏側の肉抜き部分からのぞくエナジーロッド。


アウトソールはほぼ全面コンチネンタルラバー耐久力とグリップを兼ね備えています。

短距離の練習用として履いてみた感想は、
非常にクッション性に優れているが、接地感は硬めで安定性がある。
反発力もある。
100mで言えば13秒ぐらいまでのスピードだと走りやすいです。
安定感はアシックスのゲルカヤノライトに近いレベルで、反発力では上回る感じですね。
短距離での用途としては冬季練習でのテンポ走や坂練習等で、
距離を走る、ゆっくり走る、硬いサーフェスを走るといった場合に適していると思います。
安定感があるのでジャンプ系のトレーニングもやりやすいです。

あと何よりありがたいのはアキレス腱が痛くないということ。
アキレス腱痛のランナーにとっては厚みは優しさです。
なのでウォーミングアップ用のシューズとしても非常に使えますね。
動き出しはどうしても痛みが出やすいので、まずこれを履いて温めてから薄底やスパイクに履き替えると痛みなく走ることが出来ます(アキレス腱痛の程度によるとは思いますが)

全力でダッシュするとなると難しいですが、逆にそれ以外では何でもいけるシューズなのでお勧めです。

-シューズ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

GEL-KAYANO LITE(ゲルカヤノライト)

アシックスのゲルカヤノライトを購入しました。 完全なウォーミングアップ用のシューズとして、です。 最近、薄底のシューズでアップするとドリルや流しでふくらはぎが張ってきて本練習中には足が攣ってしまうとい …

salomon CROSS HIKE MID GORE-TEX

なんの知識もなく見た目だけで選んだトレッキングシューズがすごく良かった。 こちら。 salomonのCROSS HIKE MID GORE-TEX(クロスハイク ミッド ゴアテックス) 非常にスタイリ …

アディゼロタクミセン8

大幅にリニューアルされたアディゼロタクミセン8を試したので感想を書きます。 (40代 400m専門 SB51”2) タクミセン7は典型的な薄底シューズで短距離の練習に重宝したのですが、 ソール厚みが2 …

ズームスーパーフライエリート

スパイクをNIKEのズームスーパーフライエリートに換えました。 現行のモデルではなく2016リオ五輪カラー ソールがもはやアート。 こんなに肉抜きして強度は大丈夫なのかという印象ですが、手で曲げてみた …

メタスプリントを履いてみての感想

念願のメタスプリントを手に入れました。 ソニックスプリント2と同じ仕様なのでわかっていましたが、やはりHL-0メッシュとダイナラップによるフィット感は素晴らしいです。 足に吸い付いてきます。 その分紐 …